ぼくだけが知っている (1) (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
3.76
  • (18)
  • (21)
  • (27)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 168
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091913999

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ※全3巻セット

  • ぼく「だけ」が知っていると、自分は特別だと思っていた礼智の物語。
    共有することをおぼえて、人と関わることを知っていく。なんといっても最後十全で終わるあの突き放し方がもうたまらない。

    全3巻

  • 胸のすくような感動があったり、怒りや恐怖を呼び起こしたりって話ではない。ただ、小学4年生の主人公たちを通じて、懐かしさを刺激するマンガだった。とりあえず、次がすげー読みたいw

  • 表紙とタイトルで周りを見下してる中二病小学生が主人公なのかと勘違いして、あてがはずれました…

  • やっぱり吉野朔実さんの作品はイイな。言葉選びが恰好いい。微妙なニュアンスを的確な言葉でついてくる感じ。読んでいて気持ちがいい。吉野朔実作品もっと集めたいなー

  • 2011

  • 苦労性の今林君が好きだ。どうして天気と地震がわかるんだ。

  • 「ぼく『だけ』が知っている」・・・のだと思っていたんだよね。
    そう、わたしだって「わたし『だけ』が知っている」んだと思っていたよ。

  • 私は“少年”が好きだ
    小学生は汗臭く無い。
    教室は甘く粉っぽい籠った匂いがする。

    そんな時を思い出させてくれる漫画。
    うんこで盛り上がってこその小学生男子だ。

  • 全3巻、全巻持ってます。
    主人公は小学生。
    吉野朔美作品で一番好きかも。

全21件中 1 - 10件を表示

ぼくだけが知っている (1) (小学館文庫)のその他の作品

吉野朔実の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする