BASARA (11) (小学館文庫)

著者 : 田村由美
  • 小学館 (2002年7月1日発売)
4.11
  • (35)
  • (14)
  • (27)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :200
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091914415

BASARA (11) (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白かった。

  • いやー、泣けちゃったな。

    タタラが大仏殿だっけ?の地下に落ちて困ってる時と、船で出発するときに揚羽が見てた時。

    以前に何度も読んだときは泣けなかったのに、なんだか今回はジーンとしました。

  • 京都にて。更紗が望む新しい日本がうっすらと見えてきた気がする。王でなくなった朱理は、残される者のことを考えたりする人間らしさが芽生え、なんだかタタラっぽくなってきた。

  • なんとなく読み返してみる。面白い。

全4件中 1 - 4件を表示

田村由美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
矢沢 あい
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする