いたいけな瞳 (4) (小学館文庫)

著者 : 吉野朔実
  • 小学館 (2004年10月1日発売)
3.52
  • (3)
  • (7)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :66
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091915351

いたいけな瞳 (4) (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「嘘をつかずに男を騙す方法について」の次が、「花の眠る庭」。
    すごい、並べ方だ。というか、この話が1人の人のなかに共存しているのがすごいです。
    でも、「嘘をつかずに男を騙す方法について」は、よく読むと、2巻の「橡」と同じテーマにも思えてきます。

    この巻で印象が強いのは、「花の眠る庭」と「百合の吐息」。コメディも好きですが、妖しい話に惹かれる傾向があるな(笑)
    多分、おいて行かれちゃう人間にシンクロしやすくなっているのだと思います。

  • 満点の星空の下
    お弁当と水筒を持って
    ピクニックにいこう。

    大丈夫。
    夜はまだ始まったばかり。

全2件中 1 - 2件を表示

いたいけな瞳 (4) (小学館文庫)のその他の作品

吉野朔実の作品

いたいけな瞳 (4) (小学館文庫)はこんな本です

ツイートする