記憶の技法 (小学館文庫 (よE-19))

著者 :
  • 小学館
3.89
  • (19)
  • (13)
  • (23)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 149
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (388ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091915399

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ドキッとするところもあったけど、感性は鋭い。

  • 吉野朔実さんの世界を堪能。
    美しくて残酷で、どこか現実離れした空気が好き。

  • 非常に長い間のおつきあいだったのに、実は「本の雑誌」の連載以外は、映画エッセイとか対談の類しか読んだことがなく。
    一筋縄ではいかない、読む人を非常に不安定な気持ちにさせるコワイ作品が多かった。

  • ドラマ眠れる森、のように殺人事件があって生き残った、記憶を失った女の子の話などが収録された短編集。吉野朔実さんは初めて読んだのだけど、不思議な良い余韻を残す読後感でした。読み終わった後、ついつい読み返してしまった。

  • 心理学っぽいタイトルと出だしだったのに終わってみると推理物だったのでなんか変わった作りの話だなーと思った。

  • 2008.10/15

  • 吉野朔美は非常に残酷です。
    どんどんキャラクターを窮地に追い込み。その視線が異常なほどに冷静。
    作者自身、映画好き・小説好きで展開自体はベタな気がするんですが漫画には無いものが多く。救いの無い話が多い気がします。(最終話の恋愛家族など)
    逆に巻頭の表題作の救いのあるラスト展開に衝撃!! 現在連載のピリオドに通ずる最後までは追い込まないというスタンスは編集のセンスでしょうか?? 作者自身のスタンスなのか?? 両方とも小学館だけいわかりにくいなぁ〜〜

  • ある意味過渡期の頃の。この頃のものの中では一番好き。

  • 最初の記憶ってなんだろう?

  • <font color="blue">わたしを消して<br>
    ――夏の夜になれ</font><br>
    <br>
    自分が養女だとしり、本当の親を探そうとする華蓮。<br>
    なぜそんなにも・・という自らの疑問に、自分で答えを見出す強さが羨ましいと思った。

全13件中 1 - 10件を表示

記憶の技法 (小学館文庫 (よE-19))のその他の作品

吉野朔実の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吉野 朔実
有効な右矢印 無効な右矢印

記憶の技法 (小学館文庫 (よE-19))に関連するまとめ

ツイートする