珠玉の名作アンソロジー 6 「姫と王子とロマンスと」 (小学館文庫 珠玉の名作アンソロジー 6)

  • 小学館
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091915894

作品紹介・あらすじ

待望の珠玉アンソロジー第6弾!

傑作コミック揃いの「小学館文庫」から珠玉のアンソロジーが再び登場。萩尾望都、さいとうちほほか少女まんが界を代表する作家たちが描いた、ロマンチックな「姫と王子」の物語を選び抜き1冊にまとめた永久保存版。古今東西、プリンセスたちが織りなす愛と夢の世界を人気少女まんが家が描く!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 8つのアンソロジー。タイトルから抱く印象は甘々な感じだけれど、恋愛メインというわけでもなかったです。奈知さんは初めて読みましたが、この中では白眉だと思います(好みでしょうが)。さいとう・名香さんは安定の面白さ。間違いない。

全1件中 1 - 1件を表示

萩尾望都の作品

珠玉の名作アンソロジー 6 「姫と王子とロマンスと」 (小学館文庫 珠玉の名作アンソロジー 6)を本棚に登録しているひと

ツイートする