きりひと讃歌 (1) (小学館文庫)

  • 432人登録
  • 3.76評価
    • (54)
    • (59)
    • (102)
    • (2)
    • (0)
  • 54レビュー
著者 : 手塚治虫
  • 小学館 (1994年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091920010

きりひと讃歌 (1) (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全三巻。医者モノですが、ブラックジャックとは全く違います。

  • 金魚のウンコのように 大名行列 白い巨塔 つまるところ一種のホルモン失調か? 先祖返り おさない小山内桐人きりひと 阿波 徳島県 迷惑千万 陰惨 因習に縛られて 検閲 アナクロニズムも甚だしい場所 万難を排して南アフリカ連邦ヨハネスバーグ 手向けたむけ 無知蒙昧な ゴルゴタの丘 酒池肉林の宴 めす牝 おす牡 老婆心 台北 高雄 人間以下なら何をやったって天下御免さ 養老孟司 荒唐無稽 現実を照射するように 寄贈 キリストの名を踏んでいる しゅうどうに修道尼 モンモウ病 占部うらべ 竜ヶ浦 特異な風土病 微粒元素による中毒 医療ヒューマニズム 典型的に古典的なもの あからさまに既成の年配者を自分が否定していることに、手塚治虫自身は気づいていたのであろうか 全共闘運動を引き起こした精神構造と連動していることは明らかであろう 患者は個人性と資料性の両面を持つ

  • それでも。だからこそ。

  • 第1巻。面白い。
    巻末のエッセイは,2巻以降の内容に触れているので,全巻読み終わってから読んだ方がよい。エッセイの内容もピンぼけしている。

  • 医師でもあった手塚治虫ならではの作品。

  • 生きるとはどういうことか問いかけられる本。

  • 薬害エイズ訴訟を予言するかのような作品。いや、この手の腐敗構造は昔からあったのだろうな、きっと・・・。

  • 全3巻

  • 医療界の漫画
    フィクションだが現実の闇を覗く事ができて面白い

  • 医学部出身の手塚さんが描く医療まんが。
    ブラックジャックと違って、長編のストーリーです。

    人間が犬のような姿に変化し死に至る「モンモウ病」の研究をしていた医師の小山内桐人さんは、ボスで日本医師会の会長職を目指す竜ヶ浦医師の陰謀で、その病に罹患させられ、医局から籍を削られます。

    自分自身が研究資料になってしまった小山内さんは、患者たちの苦しみを自らの身に受け、見世物として台湾に運ばれます。

    社会ってのは、いろんなドス黒い人間関係と欲の絡み合いでできてるんだな~って感じ。
    欲がなさすぎる人間もつまらないかもだけど、欲のためなら他人を踏み潰しても何とも思わない人とは関わりたくないなぁ…。

    手塚さんのお話は、ちょっと大人向けの本のほうが面白いね♪

全54件中 1 - 10件を表示

手塚治虫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

きりひと讃歌 (1) (小学館文庫)に関連する談話室の質問

きりひと讃歌 (1) (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする