MW (1) (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
3.81
  • (160)
  • (169)
  • (242)
  • (13)
  • (1)
本棚登録 : 1310
レビュー : 157
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091920041

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こんな漫画が私の生まれる前に描かれてたというのが衝撃。ほんと手塚治虫先生ってどのジャンルの漫画にも初お手つきしてるんじゃないかって思う。
    BLがないと生きられない私だけど、これはそういうの抜きで純粋に面白い。共依存かと思いきや神父の方がよほど虜になってしまっててどうしようもない。好き。
    ムカムカして気持ち悪くなるのに読んでしまう謎漫画。

    もちろんBLとしても好きです。

  • 14.dec.1

    映画版を見てからどうしても原作が読みたくなって、Amazonで注文。笑

    映画版とはかなりストーリーが別物。
    でも結城のビジュアルが映画の玉木宏そっくりでした。玉木宏は女々しくないけど。

    結城と賀来が愛し合ってる描写があり、これが結城の行動原理というか狂ってる感じをより出してる気がする。
    あと賀来が結城を止められない理由にもなってるから、映画ではよくわからなかったモヤモヤ感が晴れた。

    原作ではちょくちょく結城が女装してるシーンがあるんだけど、ここは再現不可能なのかな…

    日本はまだまだ同性愛への理解が進んでない国だけど、この作品が世に出たころは今よりももっと遅れてただろうということを考えると、確かに問題作とも言えるかも。

  • 人から借りて、文庫版で2冊読みました。
    映画公開記念で、丁度テレビで特集を組んでいたので俄然興味がわいて読み始めたわけですが、
    まず1巻の最初、「抱いて!」にはびっくりしました。笑。
    びっくりしたけれども読み勧めていくうちに、この結城という男はセックスを手段としてしか用いていないので、そこはどうでもよくなりました。
    (ですが、けっこうきわどい表現があるので、なれない人には厳しいかもしれません。あ、いや、私がなれているとかいうことではなくて。笑。)
    「MW」を読む上で、いちばん大事な所は、結城美知夫がいかに非道で、残虐で、凍てついた心の持ち主かということです。
    彼は呼吸するように人を殺していきます。
    また「手段」としてしかセックスを用いません。
    ゲイの真似事をしてまで中年男性に抱かれるのも、熟女を相手取るのも全部「手段」であって、そこに愛や、快楽は存在しません。
    美しい女の子たちに求められて応じるのも、すべては計画遂行の為。MWを手に入れるためです。
    そんな結城美知夫の頭の中をトレスするように、物語は進んでいくので、「もう何人殺せば気がすむんだろう」と気分が悪くなる事もあるでしょうが、読み終えた後には、どうしようもないさびしさに似たものが残るかもしれません。

  • 映画化されるので気になって手にしたマンガ。

    うーん。
    私にとっては、正直よく分かりませんでした。
    どんな話か全く知らなかったので、かなり期待して読んでしまったせいもあるかも。

    同性愛・殺人ガス(武装)・陰謀・恨み その中のタブーをごっちゃまぜ。

    昔にかかれた作品だと思えばスゴイのかもしれませんが。
    2人のLOVEシーン、そんなに必要?

  • 手塚治虫の異色作。当時流行っていた24年組の少女漫画に嫉妬して「俺だってBLを描ける」と奮起した作品であるという逸話が。

  • 手塚治虫(黒)のピカレスク的漫画。
    分量のわりに内容がものすごく濃い。
    社会派な内容だけどセクマイ面の感想だけ書きます

    主役の男二人がほのめかしじゃなく性的な関係を結んでいる。
    現在のセクマイがうんざりして闘っている『セクマイ(=ゲイ、ときどきトランスおよびレズビアン)キャラは悪役か被害者』な話だし、二人の関係も全然幸せじゃないエログロな描き方だけど、でも二人ともちゃんと人間だ。
    かたっぽは希代の極悪サイコパスな大量殺人者で、もう片方は口ばかり立派な偽善者でチャイルドマレスターのクズだけど。
    …なんでこんなひどいキャラクターなのに魅力的だったり理解できちゃったりするんだろうな。不思議。

    で、こいつらは救われないけれども、ほんのすこし行き掛かりにすれちがうだけの脇役に格好いいレズビアンがでてくる。
    しかも夫婦的存在の彼女持ち。この人たちは社会の中で普通に幸せに力強く生きていけそうなんだよね。
    同性愛=モンスター一辺倒な話ってわけでもないところに驚いた。

    男役女役がきっちり決まっていたり、謎の想像ゲイバーみたいなところがでてきたりするのは時代かな。
    こういう、理解の助けにはならないかもしれないけれど気づいた当事者の命綱になるような作品を見つけるたびに、セルロイドクローゼットを観返したくなる。

  • テンポよく進む物語で一気読みしてしまった

  • 全2巻読了。エロスと猟奇と偽善の比重が高く全ての人の感情に影や闇や矛盾があり面白かった。つくづく人間は歪みながら揺れながら生きていくのかと思った。1976年掲載当時に読めたらもっともっと面白く読めたかも。

  • この時代にこんなストーリー作れるのがすごい!!

  • やっと読み終わり。読みにくくはなかったし、さすが手塚治虫面白い笑 どうなるんだ?どうなるんだ?とゾクゾクした。

全157件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

手塚治虫(てづか おさむ)
1928年11月3日 - 1989年2月9日
大阪府生まれ、兵庫県宝塚市出身の漫画家、アニメーター、アニメーション監督。その功績から、「漫画の神様」とも評された。1946年デビュー以後、漫画を表現とストーリーでもって魅力的な媒体に仕立てる。『ジャングル大帝』『鉄腕アトム』『リボンの騎士』『火の鳥』『どろろ』『ブラック・ジャック』『アドルフに告ぐ』など、世に知られる多くの代表作があり、アニメ化・実写化された作品も数知れない。

MW (1) (小学館文庫)のその他の作品

手塚治虫の作品

MW (1) (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする