気楽に殺ろうよ: 藤子・F・不二雄[異色短編集] 2 (2) (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)

  • 小学館 (1995年7月15日発売)
4.00
  • (118)
  • (104)
  • (110)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 735
レビュー : 80
  • Amazon.co.jp ・マンガ (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091920621

作品紹介・あらすじ

SF的手法を駆使して現代世相を痛烈に風刺した異色短編集!

▼第1話/ミラクルマン▼第2話/大予言▼第3話/老雄大いに語る▼第4話/光陰▼第5話/幸運児▼第6話/やすらぎの館▼第7話/定年退食▼第8話/サンプルAとB▼第9話/休日のガンマン▼第10話/分岐点▼第11話/換身▼第12話/気楽に殺ろうよ▼第13話/ウルトラ・スーパー・デラックスマン ●登場人物/男(やり手の会社社長。毎日の激務の中で胃を壊し、ガンではないかと疑っている)。医師(男の友人。男の疲労ぶりを見かねてアドバイスする)。(第6話)句楽兼人(日星商事のサラリーマン。その正体は「正義」の味方、ウルトラ・スーパー・デラックスマン)。片山(日星商事のエリートサラリーマン。句楽の古い友人)。(第13話) ●あらすじ/▼会社ではやり手の社長として、頼りない専務の息子にいらだちつつ乗っ取りの陰謀と戦い、家では学生運動で留置所から帰ってきた息子を叱りとばし、愛人宅では大金をせびられる。男の神経は極度に張りつめて、疲れ切っていた。相談を受けた医師である友人は、男に一度「やすらぎの館」へ行ってみることを勧める……(第6話)。▼みどりとの挙式を来週に控えた平凡なサラリーマン・海野五郎は、ある日、2人組のヤクザに連れ去られてしまう。拉致された五郎は不思議な薬によって、新しい人生を送りたがっていた暴力団組長と身体を交換されてしまう。組長は五郎の身体のまま、みどりとのデートに出かける。一方、暴力団組長と身体を交換された五郎の方は……(第11話)。▼世の中にあふれているドス黒い悪に憤りつつも、成す術もなかった平凡なサラリーマン・句楽兼人は、ある朝、突然手に入れた超能力で「正義の味方」ウルトラ・スーパー・デラックスマンに変身した! 暴走族から政財界の黒幕、公害企業まで、ありあまる「悪」に鉄拳を浴びせ続けた彼だが、いつの間にやら周りの反応は……(第13話)。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 不思議でシニカルな大人向けの短編集。
    大人な感覚の13話が収録されています。

    最初に読んだ、この文庫本シリーズ異色短編集の「ミノタウロスの皿」に比べると明らかにどの作品もスケールが小さいと思いました。
    どこかで読んだような話もチラホラあるし、これ!という話がない。
    短い話が多いからかもしれません。

    その中で一番目を引いたのは「サンプルAとB」という話。
    これ、藤子・F・不二雄さんの作だとはこのシリーズに載っていなかったら信じられなかったと思います。
    それだけ絵が違う。
    まるで少女マンガのような絵。
    ストーリーの内容としてはロミオとジュリエットを科学的に、宇宙的な視点から描いたらどうなるかというような異色作で、かなりな冒険作だと思いました。
    面白い、面白くないは別として。

    自分には奇跡を起こす力があると信じるサラリーマンの話。
    定員法がもうけられ、老人には国家の保障が何も与えられない近未来の話。
    人生をやり直す男の話。
    殺人を公認し、性行為よりも食事を恥ずかしがる世界の話。

    読んでいると、マンガの世界だと割り切れないような、身につまされるような、そんなマンガでした。
    ひとつひとつに作者からの強いメッセージを感じます。

  • これが95年に書かれた漫画だとは思えない。ほんとは疑わなきゃ、怖がらなきゃいけないことばかりなのにそれに慣れてしまっている自分がいて、でもやっぱりそれじゃだめなんだって気付かされた。

  • ちょっと端的だったかな

  • 力のこもった作品群。どれも読ませる。「気楽に殺ろうよ」がやはり面白い。後は、「ウルトラ・スーパー・デラックスマン」。

    ▼ミラクルマン
     ネタは同じだけど「ぼくは神様」よりも深い。
    ▼大予言
     そもそも…がオチ。怖い。
    ▼老雄大いに語る
     哀しくもおかしい。
    ▼光陰
     年齢をとるってそんなこと。S.キングの「かわいい子馬」を読んでてこの話を思い出した。
    ▼幸運児
     運がいいのは読んでて気分がいい。時代背景が当時を偲ばせる。
    ▼やすらぎの館
     一定の地位とステイタスを手に入れると何かにすがりつきたくなるという点を分かり易い形にしている。
    ▼定年退食
     食べることに執着があったのかと思う。右肩上がりの経済発展の中の不安か。
    ▼サンプルAとB
     原作のみで作画は少女漫画家(小森麻美)。異星人から見た地球。ロミオとジュリエット。
    ▼休日のガンマン
     現実と仮想(理想)、ストレス発散方法としての娯楽、サラリーマンの生態。
    ▼分岐点
     不思議と残る話。内容はよくあるパラレルワールドものだが味わい深い。
    ▼換身
     軽いタッチだが、面白い。
    ▼気楽に殺ろうよ
     性欲と食欲の逆転。パラレルワールドの一種か。もしもボックスの大人バージョン。
    ▼ウルトラ・スーパー・デラックスマン
     なにしろオチが秀逸。あの小池さんが…!の意外性がすごい。 

  • タイトルと挿絵に惹かれて買い。
    藤子・F・不二雄の漫画はドラえもんの印象が強すぎるけど、こういう短編も捻りがあって面白い。

  • 2017.05.22 朝活読書サロン

  • 蜀崎ェュ縲ゅ?悟ョ壼ケエ騾?鬟溘?阪?悟?蟯千せ縲阪≠縺溘j縺後☆縺斐¥縺?>縺ェ縺ゅ?

  • 以前、ミノタウロスの皿(第一巻)は他の人に勧められて購入していたが、先日、某氏に「気楽に殺ろうよ」が面白いと勧められて2巻から4巻も購入。3巻の陰謀論的な「箱舟はいっぱい」や、人肉食を扱った「カンビュセスの籤」がおもしろかった。

  • 「やすらぎの館」とか「ウルトラスーパーデラックスマン」とかマジで黒いっすよね。はじめて読んだときは驚いた。

  • 2017.12/18

全80件中 1 - 10件を表示

藤子・F・不二雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吾妻 ひでお
魚喃 キリコ
有効な右矢印 無効な右矢印

気楽に殺ろうよ: 藤子・F・不二雄[異色短編集] 2 (2) (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)に関連する談話室の質問

気楽に殺ろうよ: 藤子・F・不二雄[異色短編集] 2 (2) (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)を本棚に登録しているひと

ツイートする