パラレル同窓会: 藤子・F・不二雄[異色短編集] 4 (4) (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)

  • 小学館 (1995年7月15日発売)
3.97
  • (75)
  • (64)
  • (76)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 511
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・マンガ (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091920645

作品紹介・あらすじ

SF的手法を駆使して現代世相を痛烈に風刺した異色短編集!

▼第1話/値ぶみカメラ▼第2話/女には売るものがある▼第3話/同録スチール▼第4話/並平家の一日▼第5話/夢カメラ▼第6話/親子とりかえばや▼第7話/懐古の客▼第8話/パラレル同窓会▼第9話/コラージュ・カメラ▼第10話/かわい子くん▼第11話/丑の刻禍冥羅▼第12話/ある日……▼第13話/四海鏡▼第14話/鉄人をひろったよ ●登場人物/男(会社では係長の真面目人間。ひょんなことから夢カメラを手に入れる)。妻(男の妻。最近は夫婦の間は倦怠期)。OL(男の勤め先の部下。男に相談に乗ってもらっている)。(第5話)▼男(平凡な会社員。子供たちも家を出て妻と2人暮らし)。女(男の妻。わりと心配性)。鉄人(旧帝国陸軍が極秘裏に開発した巨大ロボット)。(第14話) ●あらすじ/▼目を覚ませばパッと記憶から消えてしまう、はかない夢。頭に残っているのは楽しい気分や恐怖感だけで、内容を思い出せないのがなんともくやしい!……平凡なサラリーマンの家に夜中、突然に現れたカメラのセールスマン。彼が売りにきたのは、なんと人が見ている夢を写すことができるカメラだった……(第5話)。いつの時代でも、いちばん近くにいながらもなかなか分かり合えない親と子。そんな親と子の魂が入れ替わってしまったら……相良甚六は浪人生ながらも、恋人の春子に夢中。父親はそんな息子を心配して説教するのだが、甚六は受験をあきらめて春子と同棲したいとまで言い出す……(第6話)。▼もしも、テレビのアニメで子供たちに大気の鉄人を拾ってしまったら……川べりを車で走っていた男は、道に倒れていた謎の男から発信器らしきものを託される。何気なくボタンを押してみると、轟音とともに彼方から巨大ロボットが飛んでくるではないか! 困った男は鉄人をその場に残して帰ろうとするが、なんと鉄人は男の家まで付いてきてしまう……(第14話)。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「並平家の一日」「パラレル同窓会」が秀逸。

    ▼値ぶみカメラ
     ハッピーエンド。女子力ない女性が魅力的。
    ▼女には売るものがある
     短編として面白い。女性上位の世界はきっと確かにこうだろう。
    ▼同録スチール
     想像していた未来にある意味追いついたんだなと思う。
    ▼並平家の一日
     発想が面白い。ビジネスにするところが。とはいえ、これまでがそうだからと言って、今後も未来永劫そうだとはいえないのでは、と思うのは大人気ないか。
    ▼夢カメラ
     安直な人達だ。
    ▼親子とりかえばや
     若さはそれだけで十分貴重だけど、重ねてきた時間はそれはそれで絶対に価値があるのだ。
    ▼懐古の客
     記念すべきヨドバ氏初登場の話。きっと心細いに違いない。
    ▼パラレル同窓会
     面白い。ここまでパラレルワールドを広げると、もうわけがわからない。あのときに違う選択をしていたら、というのは確かに興味がある。
    ▼コラージュ・カメラ
     アイコラとCGで作り出せない画像なんてないこの時代には、ありがたみの分からない秘密道具だ。
    ▼かわい子くん
     のび太のまま的な女性と不細工な少年の恋愛もの。
    ▼丑の刻禍冥羅
     あらたなアンチヒーロー登場。こいつの憎たらしさといったら。
    ▼ある日
     確かにそんなものなんだろうと思う。カウントダウンなんて、実際にはない。
    ▼四海鏡
     ヨドバ氏と汚い大人たち。
    ▼鉄人をひろったよ
     爺さんの動じなさが素敵。

  • honto 590

  • カメラ屋のシリーズが好き

  • ドラえもんの作者のSFコミック。
    特殊なカメラを持った商人がお試しで渡して受け取った主人公がカメラを使って不思議な事を体験する短編が描かれている。

    相手の自分にとっての価値を知るカメラ編は良かった。将来稼ぐお金も分かるが、自分にとってのその人の価値が数値で出るのはなかなか面白い話である。貧乏とイケメン実業家どちらをとるかもカメラを通して面白く描かれている。

    他にもいろいろなカメラの話があり、写真を撮ったら相手が傷つく話など。

  • いつだって彼の漫画は思考を刺激して興味をかきたてる。
    パラレル同窓会で出会う自分は、本当に自分なのだろうか。どうして目の前にいるパラレルワールドの人間が自分とわかるのか。わかるのなら、どうして自分は「こちら側」なのか。可能性は無限に存在する。パラレル同窓会に招待されない可能性だってある。そいつは果たして自分なのだろうか…
    単にそういう興味をかきたてるだけに終わらず、その可能性をひとつの夢としてうやむやにし、なおかつ、誰でもない「語り」によって説明させる。どうしても一度、漫画を描くってどういうことか、聞いてみたくなる。
    とりかえばや親子もそういう点で似ている。果たして自分とはどのように規定されているのか。他者とはいったい何者なのか。入れ替わったなんてどうして気付けるのだろうか。
    ある日では、「終わり」というものを考えてしまう。最後のコマはプツン…という音で締めくくられているが、これは一体なんなのだろうか。そして、これを聴いているのは誰なのだろうか。
    彼の漫画はいつだって考え続ける彼の姿がみえる。おもしろい漫画を描こうとしているよりは、考え続けるのが面白くってたまらないから描いているという、思考のスケッチをみているようで、飽きずに何度も探して手に取ってしまう。

  • どの話も面白いが怖い話も多い。

    「並平家の一日」とかすごいよね。ひたすら平均的な家族というのを突き詰めていくとある種の標本となる。つまり統計学的なサンプルとしてはこの上ないという。

    どれもストーリーよりむしろアイディアが秀逸。「鉄人をひろったよ」なんか見ても普通のSFであれば大活躍するであろう巨大ロボが、現実のしかも一般家庭に存在したらただただ邪魔なだけという。「ある日……」なんかもゾクッとしてしまう。

    何気ない「日常」が角度をほんの少し変えて見るだけでガラリと姿を変えてしまう。それが面白くもあり怖くもある。まさに不気味で異色な短編集だった

  • 本価製造原価 市価 産価 自価 値踏みカメラ インプリンティング パターン認識 鉄人を拾ったよ

  • タイトルと挿絵に惹かれて買い。

  • (2014.04.25再読)
    これはやっぱり、表題作の「パラレル同窓会」が好きかなあ。
    枝分かれした自分たちとの同窓会。
    これはぜひやってみたい!
    旦那と結婚しなかった自分・会社を辞めてない自分、もっと戻って剣道部に入らなかった自分とかも見てみたい。

  • やはりオチが最高。今回はカメラネタが多いけど、全然ありきたりじゃない!

全39件中 1 - 10件を表示

藤子・F・不二雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
よしもと よしと...
有効な右矢印 無効な右矢印

パラレル同窓会: 藤子・F・不二雄[異色短編集] 4 (4) (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)に関連する談話室の質問

パラレル同窓会: 藤子・F・不二雄[異色短編集] 4 (4) (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)を本棚に登録しているひと

ツイートする