サスケ (1) (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
3.51
  • (6)
  • (7)
  • (24)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 76
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091921017

作品紹介・あらすじ

かつて日本中の少年たちを熱狂させた、「サスケ」が文庫判で登場!!.

▼微塵がくれ▼忍者猿群▼獣道の術▼謎の女忍者▼火の水▼火遁▼落武者狩り▼風移し▼炎がくれ▼移し身▼通り魔▼剣鬼▼正体▼悪領主▼挑戦▼風車▼逆風▼ミドリ沼▼毒には毒▼刑場異変▼怪僧▼竜神▼天罰▼のろし▼挑戦▼逆襲▼円月剣▼めくらまし ●登場人物/サスケ(猿飛の術を使う少年忍者)、大猿(サスケの父)、服部半蔵(公儀隠密団の首領) ●あらすじ/大坂夏の陣を前に、徳川家康は江戸城で柳生但馬、服部半蔵などの家来を集め、会議を開いていた。席上、但馬は天井裏に潜む猿飛流の忍者を発見し、ただちに公儀隠密団の首領・服部半蔵に追跡を命じる。家康の敵・真田幸村の配下にある猿飛忍者を抹殺したい半蔵は、猿飛忍者を追う途中でひとりの少年・サスケに出会う。その頃、半蔵率いる隠密団だけでは猿飛忍者は消せないと判断した但馬は、自らの配下にある柳生忍群を使って猿飛忍者を追っていた。やがて柳生忍群の一人が猿飛忍者を仕留めるが、新たに出現した猿飛忍者によって殺されてしまう。そして、出来事の一部始終を目撃していた服部半蔵は、猿飛忍者が実は一人ではなく、猿飛の技を使う者すべてが猿飛忍者を名乗っていたことを知る(忍者猿群)。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • だが人よ、名を問うなかれ闇に生まれ闇に消えるそれが忍者のさだめなのだ!

  • 40年前の作品とは思えないほど読みやすく、テンポもいい。

    【自分用メモ】糸瓜斬死郎をブーメラン風の手裏剣で倒し、水を汲もうとしたサスケが何かに驚いたところまで。

  • もちろん読んだのは最初のコミック。
    父が大学の漫画研究会解散の際、自分が提供していたカムイ伝と交換してきたらしい。サスケ自身の話以上に、最下層で苦しむ民衆の姿が子ども心に深く染み込んだ。

  • 巻略

  • 白土三平のマンガではこれが一番読みやすいと思います。主人公サスケが心身共に成長していく姿を中心に描いています。ちょっと切なかったです。

  • 面白い。

  • 白土三平の流れるような大胆なペンタッチに引き込まれる。
    サスケは頭が良い。
    忍者にはなりたくない、と思った。(だってきつそう)

全10件中 1 - 10件を表示

白土三平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×