パイナップルARMY〔小学館文庫〕 (1)

著者 :
  • 小学館 (1995年11月17日発売)
3.62
  • (51)
  • (55)
  • (135)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 491
レビュー : 46
  • Amazon.co.jp ・マンガ (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091921116

作品紹介・あらすじ

戦闘インストラクター、ジェド豪士が活躍するヒューマンアクション!

▼第1話/インストラクタ-豪士▼第2話/偽りの英雄▼第3話/最後の真実▼第4話/十五年間の悪夢▼第5話/5人の軍隊 前編▼第6話/5人の軍隊 中編▼第7話/5人の軍隊 後編▼第8話/過去からの男▼第9話/火曜日の老兵▼第10話/5ドルのゲーム ●登場人物/ジェド・豪士(日系アメリカ人で元傭兵の戦闘インストラクタ-) ●あらすじ/ニュ-ヨ-クの街角で、ある1人の刑事が何者かにひき殺された。そしてまた、彼の遺族である娘たちも何者かによって付け狙われていた。姉妹たちは、自身の身を守るために民間軍事援助組織(CMA)の戦闘インストラクタ-であるジェド・豪士に護衛を依頼するが…(第1話)。無法の巣窟であった、ニュ-ヨ-クの地下鉄の 治安を守る“サブウェイ・コマンド”。だが、そのリ-ダ-は、地下鉄を麻薬取り引きの場としてマフィアに提供し、莫大なリベ-トを受け取っていた偽善者だった。彼を倒すべく立ち上がった一人の女刑事が、豪士に協力を依頼する。(第2話) ●本巻の特徴/本巻では、戦闘インストラクタ-としての仕事内容が明らかにされるとともに、豪士の最初の敵であるコ-ツのほか、過去に関わった重要人物が登場している。(第5、6、7話) ●主な登場人物/コ-ツ大佐(第5話)、ジャネット(第5、6、7話)、ジェフリ-伍長(第6、7話)、珍(第6、7話)、ハリデ-元准将(第7話)、トム・ローガン(第10話)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 浦沢直樹の作品では、この漫画が一番好きかな。
    なんと言っても読みやすい。
    伏線でがんじがらめになることも、長くて間延びすることもない。
    感動も恐怖も、生の果敢なさも描かれている。
    浦沢さんの良さが集約されていると思います。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「浦沢さんの良さが集約」
      私は「キートン」の方が好きなのですが、こちらの方が軽くて重い。そして仲間の個性が秀逸です。
      「浦沢さんの良さが集約」
      私は「キートン」の方が好きなのですが、こちらの方が軽くて重い。そして仲間の個性が秀逸です。
      2012/07/24
    • ドラ子さん
      キートンもさくさく読めて面白いですね。
      こちらの漫画は個人的にルパン的な感じがして好きなのです(うまく説明できませんが…)
      キートンもさくさく読めて面白いですね。
      こちらの漫画は個人的にルパン的な感じがして好きなのです(うまく説明できませんが…)
      2012/07/24
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「ルパン的な感じがして」
      個性的な脇役がイイ味出してますね。個人的には元気なお年寄りハリデーが好き。
      「ルパン的な感じがして」
      個性的な脇役がイイ味出してますね。個人的には元気なお年寄りハリデーが好き。
      2012/07/26
  • マスターキートンと同じく、短編完結の話が多いので気楽に読める。で、うんちくも満載(笑)

  • 督促OL中にあった

  • 軽いアクション作品として読みやすいけど、ストーリーの展開がワンパターンに感じる。全体的に盛り上げ過ぎで、いい話なところも個人的には物足りないかも。

  • ジェド豪士。

  • 久々に読みました、娯楽として極めて高水準にあるマンガであることを再確認。
    一話完結の形式もよろしいかと。
    楽しみに次巻に行きますか。

  • 全話読了。戦争の爪痕が生々しく残る時代(今には今の傷があるけれど)に生きる人々の話。痛快なエピソードもしんみり後を引くエピソードもいい。

  • 全巻
    キートンを読んだ後だと、つまんなくはないけど、味気ない。
    キートンみたいに、余計な話や設定も必要なんだな。

  • 3巻まで。
    なんか女子供臭くて、途中でやめた。

  • 主人公はかっこ悪いんだけど肝心なところは決めてくれるしやぱりカッコいい。最近の間延びしがちな浦沢作品に飽きたならこの作品を読むとスッキリするはず。原作がついているというのもあるが読みやすい。でもでもやっぱり女には弱いというかハッキリしないんだな…浦沢作品の男性陣は。最後の最後で決めてくれるからニクイです。

全46件中 1 - 10件を表示

工藤かずやの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

パイナップルARMY〔小学館文庫〕 (1)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×