カムイ外伝 (2) (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
3.60
  • (2)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091922427

作品紹介・あらすじ

▼第一部・雀落とし▼第13話/天人▼第14話/移し身▼第15話/老忍▼第16話/抜け忍▼第17話/黒鍬▼第18話/追跡▼第19話/りんどう▼第20話/憑移し ▼第二部・スガルの島▼第1話/女左エ門▼第2話/一白 ●登場人物/カムイ(公儀隠密だったが現在は抜け忍となり、追忍に死の追及を受ける) ●あらすじ/カムイとの戦いで大ケガを負った丹波の追忍・天人。しかし仲間たちの必死の看病で回復し、カムイ討伐に向けてさらなる執念を燃やす。一方、同じくカムイとの戦いに敗れ抜け忍となったコノマは、ようやくの思いでカムイの元へとたどり着くが、「足手まといだ」とカムイに追い払われる。かくしてコノマはひとりで丹波の追忍たちから逃げることになるのだが…(第一部・第13話)。▼備中・弓が浜を訪れたカムイは、追忍に追いつめられた抜け女忍・スガルを助ける。そして、自分も同じ抜け忍と告げるがスガルは信じず、カムイへの攻撃の手をゆるめない。やむなく霞斬りを仕掛けるカムイだが…(第二部・第1話)。▼乗っていた小舟が時化(しけ)にあい、瀕死の状態で浜に打ち上げられたカムイ。そこでカムイを救ってくれた男は、なんとスガルの夫だった!(第二部・第2話)。 ●本巻の特徴/尊敬するに値する人物と出会いながらも、抜け忍ゆえ彼の元を離れねばならない悲しみが描かれる(第一部・第17話)。また、本巻途中から第二部となり、絵柄が変わる。第一部の1話完結の話とは異なり連続した物語となるため、カムイの“人としての心情”が細かく描かれるようになる。 ●その他のデータ/登場する忍術・乱心法獣遁の術(第一部・第13話)、移し身の術(第一部・第14話)、変わり身の術(第一部・第14話、第二部・第1話)、分身の術(第一部・第15話)、春花の術(第一部・第15話)、トリモチ(第一部・第15話)、夙流飯綱落とし(第一部・第16、17話)、いちょうがえし(第一部・第16話)、迷い葉(第一部・第16話)、 空蝉の術(第一部・第18話)、雲よせ(第一部・第19話)、乱心法土遁の術(第一部・第19話)、憑移し(第一部・第20話)、鎖カタビラ(第二部・第1話)、千本乱れ打ち(第二部・第1話)、夙流変移抜刀霞斬り(第二部・第1、2話)、 マキビシ(第二部・第2話)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 目が見えなくなったカムイはこれからどこへ?

全2件中 1 - 2件を表示

白土三平の作品

ツイートする
×