カムイ外伝 (12) (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
4.08
  • (6)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (409ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091922724

作品紹介・あらすじ

▼第三部・伊児奈(イコナ) ▼第三部・上意変異▼第1話/前編▼第2話/後編 ▼第三部・吸血 ●登場人物/カムイ(公儀隠密だったが現在は抜け忍となり、追忍に死の追及をうける) ●あらすじ/カムイは追忍から逃れるため、工事現場の人々に紛れて働き身を隠していた。ある日の仕事からの帰り道、子供を道連れに川に身を投げようとする女の姿を目にする。思わず女を引き止めたカムイは、いくらばかりかの金を彼女に渡し、そこから立ち去ろうとするが、女はなぜかいつまでもカムイのあとを付いてくるのだった…(伊児奈)。▼傷つき行き倒れたカムイは、押方藩郡代・神子十左エ門の娘・サエに助けられる。そのころ深刻な財政難に陥っていた押方藩の城内では、農民にばかり倹約を強制させようとする玄海に向かって、十左エ門が城内での無駄な出費について問い正し口論となっていた。もちろん十左エ門は、藩のためを思っての発言だったのだが、それを城主が聞いていたため…(上意変異)。 ●本巻の特徴/伊賀で修行をしていた頃のカムイの幼なじみ・伊児奈が登場する(伊児奈)。また、剣法指南役の長内要助が、剣法者にとって一番恐るべきものは何かを語る(吸血鬼)。 ●その他の登場キャラクター/カムイの幼なじみ・伊児奈(伊児奈)、押方藩郡代・神子十左ェ門の娘・サエ(上意異変)、家老の島津玄藩(上意異変)、藩剣法指南・長内要助(吸血) ●その他のデータ/不見流陰月の太刀(上意異変)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 実は、忍者とかかいているときよりも、剣豪ものをかいているときの方が、のってるんじゃないかと思ったりします。

全3件中 1 - 3件を表示

白土三平の作品

ツイートする
×