傷だらけの天使たち (小学館文庫―Young Sunday comics)

著者 :
  • 小学館
3.46
  • (3)
  • (5)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091931016

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 賞味期限のスレスレを綱渡りしているような一冊。本書にも言及があるが、作風としてはほぼ相原コージのそれ。本棚探偵ファンとしては、純粋な評価が難しい。

  • 高校生のときに読んで、かなりハマった。
    ディープな世界感も、あとからじわじわ来る面白さ。
    かなり笑えるギャグマンガ。
    ただ、子供には見せたくない作品・・・

  • 【稲中】と並んで私の"笑い"?を完成させたおバカ本♪20代前半のウチに出会えてよかったです(笑)作者の喜国さんはベーシストであり”イカ天”にも出演されましたね★.:*・゜
    コレ、好き♪と言ってくれる人とは、大親友になれるような気がします〜

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

(漫画家、雑文家、装画家、プチ音楽家、本棚探偵)
1958年香川県出身。多摩美術大学卒業。
1981年に『ふぉーてぃん』で漫画家デビュー 。
代表作に『月光の囁き』、『日本一の男の魂』など。
さらに「本棚探偵」シリーズ、『東京マラソンを走りたい』、『シンヂ、僕はどこに行ったらええんや』などのエッセイも上梓。
1997年にみうらじゅん賞、2015年に『本棚探偵最後の挨拶』で第68回日本推理作家協会賞(評論その他の部門)受賞。

「2016年 『本格力 本棚探偵のミステリ・ブックガイド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

傷だらけの天使たち (小学館文庫―Young Sunday comics)のその他の作品

喜国雅彦の作品

ツイートする