うる星やつら (2) (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館 (1998年8月1日発売)
3.54
  • (8)
  • (6)
  • (27)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 110
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091931825

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面堂終太郎登場。
    しのぶの関心が完全に面堂の方へいってしまってあたるを巡る女のバトルは一体何だったのか。

  • 本巻では、新たなヒロインのクラマ姫や、あたるのライヴァルとなる面堂終太郎が登場して、ますますハイテンションのコメディとなっています。

    じっさいに読んでみるまで、これほどナンセンス・ギャグ風の作品だとは思っていませんでしたが、おもしろく読めました。

  •  こういう漫画だったんだっけ?
     うろ覚えだと、もう少し萌え萌えしていたような。
     割と登場人物がろくでもなくて、心置きなく笑える(笑)

  • 数年あけると、また読みたくなる漫画。

    後に何か残るわけじゃないけど、読んで後悔することもないです。

  • 2006-04-30読了。

全5件中 1 - 5件を表示

うる星やつら (2) (小学館文庫)のその他の作品

高橋留美子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする