お~い!竜馬 (1) (小学館文庫)

  • 小学館
4.18
  • (51)
  • (23)
  • (28)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 225
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091934017

作品紹介・あらすじ

学問ダメ、剣もダメ。おまけに泣き虫で寝小便たれ…後に、この少年が日本を変えた幕末の風雲児・坂本竜馬の青春を描ききった名作、ついに文庫化!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今更ながら興味を持った坂本龍馬という人物。現代においても人々をこんなにも惹きつける彼の偉業や人物像を知るのにこの上ない良著。漫画でしか伝えられない劇場感。

  • 激動の幕末に一陣の風を送りこみ、炎のように生きた男・坂本竜馬。その英雄の若かりし時代を描く、幕末風雲大作!!

    一巻は竜馬の誕生と幼少時代。
    泣き虫竜馬で話しがもたついてますが、
    江戸時代後期の背景、土佐藩特有の上士と郷士という身分制度
    などがストーリーに入れ込んであります。
    武市半平太と人斬り以蔵、乙女姉など主要人物登場が登場し、
    将来の布石になるような出来事が、竜馬の幼心に刻まれるのです。

  • 漫画だからって、なめちゃあいかんぜよ!! 竜馬がいくの竜馬も好きですが、僕はこのお~い竜馬の竜馬さん大好きです!!Boyさが溢れているそんな竜馬さんを楽しむことができます。何度も読んでは、じ~んと来るのは、竜馬さんものです!!この本は、家の机の上においており、ふとしたときに読むものです!!

  • 坂本竜馬の生涯を漫画化した作品。
    一巻は少年時代から遡る。身分による差別を肌で実感しながら育った少年、竜馬。臆病で泣き虫で弱虫で末っ子…そんな少年時代の竜馬に自分を重ねて読む。だからそんな竜馬を救う竜馬の母の言葉は優しくて救われる。

  • </span>&rdquo;</div><div class="quantityDisplay black textSquash" style="display:none;padding-bottom:3px;"><nobr><span class="strong black">欲しい数量&nbsp;

  • 面白い!かなり歴史もしっかり書けている。親子で楽しめます。

  • また読みたい

  • 描かれてる竜馬がいい!

  • 大人になってからもう一度読んだら感動して泣いた。
    無茶苦茶な脚色があるけれど、面白いのでよし。

  • ペーパーで所有。
    文庫もほしいな。

    新選組オタクなもんで(ワラ)
    この辺りは おさえとかないとね(^_-)-☆

全29件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

お~い!竜馬 (1) (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×