殺し屋1 第1巻 (小学館文庫 やC 11)

著者 :
  • 小学館
3.88
  • (10)
  • (5)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (409ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091937315

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • イジメられっこのPTSD患者が、殺し屋1という主人公。
    彼が意識を失い、泣きながら鼻水をたらしたときに、彼の前には血みどろの屍ができあがる。

    それに対抗するのが、超マゾのヤクザの親分。
    暴力の世界で、暴力でのし上がってきた彼のやり方は、自分がマゾであることで対象にマゾならではの限界の苦痛を味合わせるという方法。

    涙を流しつつも、何も考じずに戦い続ける、イジメられっこのイチは最強のサド。
    ちなみに精神を病んでいて、暴力を振るうときにはこの男は意識が飛んでいるのである。
    意識が飛ぶきっかけは、昔のイジメのトラウマを思い出したとき。
    それまではとにかく気が弱い。

    暴力の中で生きてきた組長は最強のマゾ。

    この対比が面白い。

  • 登場人物、全部、変態って、誰かがいっていたような…。

    この人の作品は、微妙に感性が合わないのだが、目が離せない変な感じです。
    出てくる人間が、みんなゆがんでて、ちょっと怖い。

  • ラストの展開はある意味究極の愛のカタチだと思うのだが。

  • 熊本などを舞台とした作品です。

  • なんともえげつないというのが最初の感想。ほとんど誉め言葉ですが。
    身体能力が高いけど気が弱く時に変態の城石一をはじめとしてはぐれ者グループのどのメンバーもクセがあるし、相手のヤクザともなるともっとひどい。頭にピストルの弾が入っていていつも揺れている組長なんて設定がなんとも面白い。

  • 山本英夫の作品大好き(^^)

  • かなりのグロです。
    すこしのエロです。
    かなりの変態漫画です。
    愛すべきサイコヤローです。

    【1〜4巻】

  • こえ〜〜よ!! でもおもしろいっ!!完結済☆

  • グロ過ぎが素敵

  • ようやく殺し屋1が文庫化!!!
    待ってましたよ!
    あー、エグいなー。いい感じにエグいなー。
    でも痛い話が苦手な人にはオススメしません。
    新宿に映画を見に行ったことを思い出しました。浅野忠信カッコ良すぎたな。
    SABUさんも確か鉄砲玉役で出てたな。

全10件中 1 - 10件を表示

殺し屋1 第1巻 (小学館文庫 やC 11)のその他の作品

山本英夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする