珠玉の名作アンソロジー 1 家族の情景 (小学館文庫 珠玉の名作アンソロジー 1)

著者 :
  • 小学館
3.67
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091950116

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  家族をテーマにした、短編漫画集。

     *「小夜の縫うゆかた」萩尾望都
     *「ざしきわらし」吉田秋生
     *「ボクが天使を産んだ理由」田村由美
     *「ピンボール・ケイブ」吉野朔実
     *「おくりもの」波津彬子
     *「プロミス」西炯子
     *「のら猫の話」吉村明美
     *「メリーゴーランドに乗って」名知未佐子

     いやあ、傑作ぞろいでした。
     でもって、やっぱり「小夜の縫うゆかた」で泣いた。
     も、条件反射のように泣いてしまうのであった。
     
     おそるべし、萩尾望都。

     もっとも、ちょっと時代が古いなって感はぬぐえないです。昔の男女の価値観とか、家族の価値観とか、微妙だったんだぁとなんかしみじみしてしまったのであった。

  • H24/3/20

  • こんなアンソロジー出されたら買っちゃいますよー
    漫画文庫の生き残り方の可能性が見えた1冊。
    全漫画家さんのが「今の絵も好きだけど、この頃の絵、好き!」ってかんじでよかったです。基本図書として1冊。

全3件中 1 - 3件を表示

萩尾望都の作品

ツイートする