ぷりぷり県 (4) (小学館文庫 よC 9)

著者 :
  • 小学館
4.33
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091961945

作品紹介・あらすじ

伝説の【郷土愛】ギャグ、堂々完結巻!

1995年よりビッグコミックスピリッツにて連載が開始された吉田戦車の本邦初、「県まんが」最終第4集!

「ぷりぷり県」への郷土愛に熱く燃えながらも東京砂漠をサヴァイブヴしてきた つとむの行方は?
そしてそんなつとむの背中に、君は何を見る――!?

鬼才・吉田戦車の代表作にして90年代を代表するギャグの傑作、感動完結巻!

ブルボン小林氏による【作品解説】も収録!!

【編集担当からのおすすめ情報】
「伝染るんです。」と肩を並べる戦車ワールドの超傑作、完結巻!

郷土愛が人一倍強いあなたに、好きな人の出身県の県民性が知りたいあなたに、ギャグの歴史を紐解きたいあなたにそして、心の中に「ふるさと」を持つ全ての人々に是非とも読んで欲しい一冊です!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 吉田戦車さんは、「伝染るんです。」は読んだことがあります。
    この「ぷりぷり県」は、いろんなところで「おもしろい!」
    「祝! 文庫化!」と言われていたので気になって買いに行きました。

    でもこの4巻しか置いておらず、仕方なく最終巻から読む…
    というはめになりました。

    でもおもしろかった。

  • ラストまで読むのは初めてかも。自分の出身県が出てくると何となく面白かったな。そして毒リスはやっぱ可愛い。

  • 2012/6/16 Amazonより届く。
    2012/6/19~6/24

    懐かしさのあまり衝動買いしたぷりぷり県も最終巻。最後の終わり方などはすっかり忘れてしまっていたが、今読んでも十分面白い名作。吉田戦車ワールドにどっぷり浸れた。
    しかし、掃除のおばさんは一体何者だったのだろうか。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

漫画家。『伝染るんです。』の国民的大ヒットで不条理ギャグの境地を開き、現在も圧倒的な人気を誇る。2015年に第19回手塚治虫文化賞短編賞を受賞。『火星田マチ子』『ぷりぷり県』『殴るぞ』など代表作多数。

「2019年 『漫画家と猫 Vol.1』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉田戦車の作品

ツイートする
×