陽だまりの樹 (3) (小学館叢書)

著者 :
  • 小学館 (1988年8月発売)
4.06
  • (7)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (377ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091970237

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 勝麟太郎が登場。将軍家定公がハリスとの謁見後に病気に。良庵先生が適塾まで行き、原因究明に動くが。。

  • *何故か3巻は表紙写真が見つからない

  • 1981年から5年半に渡って連載された歴史長編。幕末好きの僕にとってはそれだけでも愛すべき作品なのですが、見事すぎる物語の巧みな構成と登場人物それぞれの魅力(義理に生きる伊武谷万次郎と人情に生きる手塚良庵の対比をはじめとして)を通して、最も好きな手塚治虫作品のひとつです。

    終盤、おせきさんに最期の別れを告げに行ったあとの万次郎の無言の2ページがいかに雄弁に万次郎の心境を物語っているか。これからも、この作品を読み返すたびに手塚治虫の偉大さを思うことでしょう。

  • まとめて八街から〜種痘所を江戸に開こうとする蘭学者を押し止めようとする漢方医は良庵を襲い,伊武谷万次郎の父が命を落とす。良庵は臨床学を学び,江戸に帰って嫁をとる〜帰りの舟で手を付けた生娘が嫁に

全4件中 1 - 4件を表示

陽だまりの樹 (3) (小学館叢書)のその他の作品

手塚治虫の作品

ツイートする