ポーの一族 (3) (小学館叢書)

著者 : 萩尾望都
  • 小学館 (1988年8月発売)
3.96
  • (19)
  • (7)
  • (19)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :95
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091970633

ポーの一族 (3) (小学館叢書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この世界感がたまらない。

    エヴァンズの遺書
    ランプトンは語る
    リデル・森の中
    ホームズの帽子
    エディス
    白い鳥になった少女
    妖精の子もり
    雪の子
    月蝕

  • もっと色々な話を読んでみたい、と思える作品。

    ラストはどうだろう、自分的には生きていると思うのだが…。
    それはそれで主人公はまた、同胞を求めて生き続けていくのだろうな。。

    少女漫画だけれど、割とシビアな展開で、
    読み終えた時、何ともいえないやるせなさが…。

  • 巻末に収録されている「月蝕」という短編がめちゃくちゃ大好き。

  • 1~10まで普通のコミックスで読んだ。どの版を登録したらいいのかわからないのでこれで。

    メリーベルがめっちゃ好きだった。美少女の真髄だと思ってる。

全4件中 1 - 4件を表示

ポーの一族 (3) (小学館叢書)のその他の作品

萩尾望都の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする