カリフォルニア物語 (2) (小学館叢書)

著者 :
  • 小学館
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091971128

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館の本

    出版社からのコメント
    混沌、怠惰、無関心。大都会の片隅に生きる若者達の心の遍歴…。病めるアメリカで突っぱって生きるヒースとその仲間たち…!!

    ヒースの過去が明らかになる。
    父親、兄、との関係、学校での立場、エレインの存在。
    そして走ること。
    親の評価って本当に一生を左右しちゃうくらい大きいのに、父親は威圧的なだけで息子を理解できない。
    お兄さんがいい人でよかったとは思うけど。
    どうしてNYに流れ着いたか、その理由がやっぱり悲しい。
    1度道を踏み外してしまうと、公正させまいとする力が働くこともあるのね。

    イーヴが大人になった。
    働き出し、自分の気持ちを理解して。
    そしてブッチがろくなことしないし。。。。
    最後イーヴが気になります。

全1件中 1 - 1件を表示

カリフォルニア物語 (2) (小学館叢書)のその他の作品

吉田秋生の作品

カリフォルニア物語 (2) (小学館叢書)を本棚に登録しているひと

ツイートする