カリフォルニア物語 (3) (小学館叢書)

著者 :
  • 小学館
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091971135

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館の本

    ヒースとイーヴの関係が表面化していく。
    人と人の好意や愛情って、自分が思っているようには進まないのだと思う。
    不器用だと気持ちを伝え損ねたり、わざと誤解してあげたり、ベースはやさしさだからなおさらつらい。

    悲しみが出会いをもたらして、新しい人との関係が生まれる。
    人の死と、次は誕生があるのかもしれません。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

同姓同名あり。

1. 吉田秋生 (よしだ あきみ)
1956年、東京都渋谷区生まれの女性漫画家。武蔵野美術大学卒業。1977年「ちょっと不思議な下宿人」でデビュー。1983年、「河よりも長くゆるやかに」及び「吉祥天女」で第29回小学館漫画賞を、2001年に「YASHA-夜叉-」で第47回小学館漫画賞をそれぞれ受賞。その他代表作に、「BANANA FISH」。
代表作のメディア化が多く、「吉祥天女」は2006年TVドラマ化、2007年に映画化された。「海街diary」は2015年に映画化されている。2018年には「BANANA FISH」がTVアニメ化された。

2.吉田 秋生(よしだ あきお)
1951年生まれのテレビドラマ演出家。学習院大学法学部卒業。

吉田秋生の作品

カリフォルニア物語 (3) (小学館叢書)を本棚に登録しているひと

ツイートする