異色短編集 (1) (小学館叢書)

  • 小学館
3.57
  • (3)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 30
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (377ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091971715

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ”ミノタウロスの皿”を、ブックオフコラムでしょっちゅう目にするから、以前からずっと気になっていたもの。同作は、本短編集内に収録されているんだけど、ようやく読んでみることに。書かれた当時の衝撃は大きかったかもしれないし、当時の漫画としても珍しかったのかもしれないけど、以降数十年にものされた、同系統の諸作品も既に味わっている目からすると、いかにも物足りない。その他収録の作品群も同様。絵の丁寧さについては、改めて驚嘆させられましたが。

  • 案の定、知ってる話ばかりだったのが

  • 気に入った作品がいくつかある。やはりF氏の本質はSF作家だったのだとあらためて感じた。ブラックなユーモアやジョークが数多くあるのがさらに良い。こういう目線で観ていたんだということがわかる。

  • どんな人権団体や環境保護団体より藤本先生が正しい。

全4件中 1 - 4件を表示

藤子・F・不二雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吾妻 ひでお
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×