小学生なら知っておきたい教養366: 1日1ページで身につく!

著者 :
  • 小学館
3.79
  • (5)
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 377
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092272101

作品紹介・あらすじ

毎日たった2分で一生ものの知性を養う!

「ヘレン・ケラーが最初に理解した言葉は?」
「セルバンテスの有名な作品は、○○・キホーテ?」
「世界で一番平均気温が低い場所は?」
「QRコードは何の略?」
――親子で楽しめる教養クイズも満載!!

齋藤孝先生による小学生のための教養本の登場です。
1日1ページ、毎日読むことで、知性の筋力を鍛えます。
言葉、文学、世界、歴史、文化、芸術、自然と科学…
小学生のうちに知っておきたい7ジャンルから、
「言葉遊び」「日本文学神7」「世界のすごい画家」など52の週テーマを厳選。
1週間1テーマで点の知識が線になり、強い知識を目指します。

新学習指導要領で強化傾向にある日本の古典や伝統、
ブラックホールやダークマターなど最新科学の知見、
20世紀重大事件など世界情勢にもふれてグローバル視野を育てるなど、
幅広い知性をはぐくみます。
さらに興味を広げる「おまけ知識」付き!

小学生へのプレゼントとしても最適です。

【編集担当からのおすすめ情報】
経営者やビジネスエリート、そして子どもにも「教養が大切」といわれて久しい昨今、
本書は、テレビでもおなじみ齋藤孝先生による小学生のための教養本です。

小学生がこの本を完全に使いこなす方法があります。

1、まず興味あるページを1ページ読む。

2、次に大人にクイズを出す

3、1分くらいで手短に解説する。

人に話せるくらいに理解できたらすごいことです!
もうその知識は完全にその子のものとなります。
そして、身につけた知識を自分の考えや行動に生かすことで、
より深い思考や、賢い行動につながっていきます。

大人も楽しめる内容なので、親子でクイズを出し合って、
ぜひ楽しみながら読みすすめてください。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 齋藤 孝先生の作品!
    1日1問で、すごこく身につきます!
    1日1問で一年間続けられるのでとても良い!!
    1週間ごとに内容も変わります!
    オススメ!是非よかったらフォローお願いします(≧∀≦)

  • 面白い

  • 大人が読んでも良いと思える内容の幅広さだった。

    分かりやすく要点をまとめていて読みやすいが、
    このような感じでさらさらと読めるとすぐ忘れてしまいそうだなあ

    2,30個にひとつ覚えられればいいか、という感じ

  • 小学6年から中学生に読んで欲しい本です。
    人命、ことわざ、芸術、法則などを網羅的に各項目を1ページでまとめている。

  • CMで見て気になったので図書で。
    子供向けということをよく考えて作られているなぁと思いました。
    一ページに一項目というわかりやすさ、ジャンルごとに色分けし、挿絵を入れたり、クイズを入れたりという凝った工夫が随所に見受けられます。
    でも特に感心したのは、たとえば見出しが 【この人がやったこと】ではなく、【この人はここがすごい】にしているところ。
    何がすごいんだ!?ってつい気になります、ここを言い換えるだけで受ける印象が変わるなぁと。

    今はちょっとネットで検索すれば何でもすぐ解る時代だけど、詳しく書かれすぎて要点がよくわからない、書かれていることはどれも大事なのだろうけど優先順位がわからない、とても全部は覚えられないし結局よくわからなかったなぁ… そんな体験にため息ばかりの自分には、たった一文で押さえるべきところだけを教えてくれる、このシンプルさが本当にありがたかったです。もっと詳しく知りたかったら、それこそネットで調べたらいいし。
    要はエッセンスだけを抽出してくれているズルい本です。これを読んだだけでいっぱしの知識人になった気になってしまう。いい大人ですが、今まで面倒くさくて知ろうとしなかったことや、気になってはいたけど後回しにしてきたような事を復習するいい機会になりました。
    惜しむらくは、あいうえお順の索引がないことと、見開きの綴じる側に食い込んで書かれているので、思いっきり広げないと見づらい… けど分厚いので広げにくいところでしょうか(大した問題ではないですが)。

  • むしろ大人が読んで良いくらいだけど・・
    28人まちだけど一応予約した

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。著書に、『だれでも書ける最高の読書感想文』『三色ボールペンで読む日本語』『呼吸入門』(以上、角川文庫)、『語彙力こそが教養である』『上機嫌の作法』『三色ボールペン情報活用術』(以上、角川新書)、『声に出して読みたい日本語』(草思社)『『雑談力が上がる話し方』(ダイヤモンド社)など多数。

「2021年 『すごいほめ言葉 相手との距離がぐっと縮まる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

齋藤孝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケ シンス...
山崎 聡一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

小学生なら知っておきたい教養366: 1日1ページで身につく!を本棚に登録しているひと

ツイートする
×