日本100名城のひみつ: 小学生のミカタ

著者 :
  • 小学館
4.50
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092273061

作品紹介・あらすじ

城のことがわかる! 小学生のための城入門

城について興味をもった小学生に贈る、城の入門書です。
まずは城の歴史を紹介します。「城のはじまりは吉野ヶ里遺跡などの弥生時代の環濠集落」「天守を発明したのは織田信長」といったことから、第二次大戦でいくつもの天守が失われたことまで、くわしく解説します。
次に、「櫓(やぐら)の名前にはいろいろある」「石垣の積み方で歴史がわかる」「出入り口には、敵の攻撃を防ぐしかけがあった」といった城の特徴を紹介します。自由研究にも使えるよう、城の見方を徹底解説いたします。

そして、北海道の五稜郭から、沖縄の首里城まで、全国に残る、日本100名城を取り上げます。
また、コラムでは、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、武田信玄、上杉謙信といった著名な武将から、加藤清正、藤堂高虎といった城づくりの名人まで徹底的に解説するので、武将好きのお子さんも必見の1冊です!

【編集担当からのおすすめ情報】
今、城がブームです。テレビ番組や、本、雑誌などで取り上げられていますが、これまで「城入門」のような児童書がありませんでした。この本は、城の歴史や、城の特徴、日本100名城の紹介といった構成で、「1冊で城を知ることができる本」を目指しました。自由研究のための手びきや、城をめぐる旅のガイド、城を知る最初の1冊として利用していただける本です!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 9歳息子と読了。
    めっちゃ良かった。

    こども向けの本だけど、私には知らないことだらけでめっちゃ勉強になった!面白かった!お城って面白い〜。もっと知りたくなったし、実際に行ってみたくなった。
    戦国ロマン、良いな〜。

    いままであんまりお城とか、歴史とかに興味なかったんだけど、この本を読んで俄然興味出てきた!
    お城のつくり、役割、違いなど分かりやすく丁寧に解説してくれてるのがありがたい。

    特に私が感動したのは石垣。加藤清正の扇の勾配(清正流石垣)が美しすぎる!!石垣にも色々違いがあるんだなぁ〜!

    この本に出会わせてくれた息子に感謝!

    再読したい!

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

城郭ライター。城に関する書籍の執筆を中心に、イベント、メディア出演、講演会、講座などを行う。城のおもしろさに目覚めたのは小学校2年生のとき。日本人の知恵や文化、伝統、美意識などが全部詰まった城に魅せられ、城めぐりがライフワークになった。

「2021年 『海・山・町を再発見! おとなの歩き旅』 で使われていた紹介文から引用しています。」

萩原さちこの作品

ツイートする
×