ダレン・シャン / 4〔小学館ファンタジー文庫〕

制作 : 田口 智子  Darren Shan  橋本 恵 
  • 小学館
3.57
  • (56)
  • (71)
  • (169)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 688
レビュー : 36
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092301047

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ダレンは強いね。
    こんなつよいおとこのこいたら、
    持て余しちゃうかも。笑

    修行の内容気になります

  • 一気よみです。

  • 半分バンパイアの生活に慣れたダレンシャン。
    次の試練は,バンパイアマウンテンまでの旅とバンパイアマウンテンでの試験。

    一難さってまた一難の冒険活劇。
    一部、疑問に思うこともあるが、なにもかもが分かることが人生ではないという教訓なのかもしれない。

  • ダレンシャン第2シリーズ!
    この作者の物語の進めかたなのだろうけど、登場人物の心情をあまり書かず、あっさり物語が進行してしまうことは残念。

    また、訳者あとがきから、なんとなーく先が読めてしまう。

  • 今まで謎だったバンパイア将軍の正体がついに明かされます!
    それとは同時に初のしゃべるリトルピープルやバンパニーズ大王
    など多くの謎が増えて前より頭の中がぐちゃぐちゃに!( ̄◇ ̄;)
    みなさん謎の答えはだいたい予想できましたか?

  • 謎過ぎる展開・・

    3巻の方がなんか面白かった気がする。
    でも終わり方は気になる終わり方だったのでやっぱり
    次も読もう(´∀`)

    ダレンはだんだん強くなるのかしらね・・

  • 長い道のりを経て、仲間がいるバンパイア・マウンテンへ・・・
    移動中もいろいろなことが起こり、ダレンは成長していきます。

  • 内容的には、猟奇的なものが入ってきているので、「ハリー・ポッター」よりも「ダレン・シャン」の方が、上の年齢向けかとも思うのですが、一概にそうともいえないところがおもしろいですね。

    ハリー・ポッターは、主人公の成長の物語です。でも、ダレン・シャンの主人公は、成長しない。もちろん、バンパイアとして成長を止められているということもあるのですが、バンパイアの生き方自体が、成長をあまり必要としていない生き方なのですね。

    そういう意味では、アクション豊富な「ダレン・シャン」なのですが、展開的には、「ハリー・ポッター」より地味といえそうです。

  • 半バンパイアの主人公ダレンは、バンパイアの仲間として認知されるために、クレプスリーらとバンパイアマウンテンに向かいます。道中で危険な目に遭いながら行き着いた所で見たものとは・・・

  • 半バンパイアの主人公ダレンは、バンパイアの仲間として認知されるために、
    クレプスリーらとバンパイアマウンテンに向かいます。道中で危険な目に遭いながらの
    冒険です!!!!!!

全36件中 11 - 20件を表示

ダレン・シャン / 4〔小学館ファンタジー文庫〕のその他の作品

ダレン・シャンの作品

ツイートする