ダレン・シャン 5〔小学館ファンタジー文庫〕

制作 : 田口 智子  Darren Shan  橋本 恵 
  • 小学館
3.62
  • (59)
  • (71)
  • (154)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 672
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092301054

作品紹介・あらすじ

主人公ダレンに、バンパイアとして一人前として認められるための厳しい試練が課せられます。瀕死の重傷を負いながらも試練をくぐり抜けたダレンですが、予想もできないことが・・・。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ハーキャットが大好きになる作品

  • シリーズ5作目。
    4作目から6作目までで一つの物語を構成している、その中盤の作品になります。

    前作で、自身の力量を見せ、バンパイアとして認めてもらうために「試練」を受けることになったダレン。
    半バンパイアとして能力が劣る部分もあるなかで、持ち前の負けん気と機転、そして運を味方につけながら次々と試練を突破します。失敗すると「死」という過酷な状況で奮闘していたダレンでしたが、ついに試練をやり遂げることができずに「死」を宣告されることに。
    誇り高く「死」を選ぶのか、利をとって「逃げる」ことを選ぶのか、周囲のバンパイアもダレンを救おうと頭をひねりますが「掟」を覆すことはできず……。
    そのなかでダレンに救いの手を差し伸べたのは元帥への叙任を間近に控えたカーダでした。

    試練一つひとつの描写は、緻密とはいいがたい部分もありますが、ダレンが精いっぱい努力している様子が克明に描かれていますし、ハラハラしながらページをめくることができました。
    また、前作よりも「山場」となる場面もふんだんに含まれており、6作目でどのような形の結論につながるのか、とても楽しみな展開になっています。

  • ダレンシャン5巻。
    ついに動きだしたバンパニーズ達。
    バンパイア一族の運命やいかに!
    ヒーローものと言えば主人公はなんだかんだと最終的に幸運もあり、危機を乗り越えるものだけどダレンシャンは違う。
    主人公としての勇気や強い意志はあるんだけど、それすら打ち砕くほどのあまりに残酷な運命。。。

  • 【あらすじ】
    主人公ダレンに、バンパイアとして一人前として認められるための厳しい試練が課せられます。瀕死の重傷を負いながらも試練をくぐり抜けたダレンですが、予想もできないことが…。

    【感想】

  • あいだのお話的な・・・と思ったら不穏な展開に。

  • 続きが気になるーー(;´д`)
    まさかダレンシャン死なないよね?

  • 2013/12/1

  • きゃ~ん。もう、どこまでゆくの~!!

    このダークな感じが、思春期前期には堪らんだろぉな…。

  • ハラハラドキドキで面白いです

  • 読了。

全38件中 1 - 10件を表示

ダレン・シャン 5〔小学館ファンタジー文庫〕のその他の作品

ダレン・シャンの作品

ダレン・シャン 5〔小学館ファンタジー文庫〕を本棚に登録しているひと

ツイートする