トム・ソーヤーの冒険 (小学館世界の名作 9)

制作 : リカルド・E.サンドバル  Mark Twain 
  • 小学館
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (103ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092500099

作品紹介・あらすじ

わんぱく少年のトムは家をぬけ出していたずらの毎日。そんな中、真夜中の墓地で殺人を目撃。悩んだ末に証言台に立ちます。少年名作文学を芥川賞作家の三木卓が執筆。絵はアメリカの現地取材をふまえて描きます。

著者プロフィール

Mark Twain, 1835―1910
アメリカ合衆国の小説家。ミズーリ州フロリダ生まれ、同州ハンニバルで育つ。本名サミュエル・ラングホーン・クレメンズ(Samuel Langhorne Clemens)。西部・南部・中西部の庶民が使う口語を駆使した作品によってその後のアメリカ文学に大きな影響を与えた。『トム・ソーヤーの冒険』(1876年)のほか数多くの小説や随筆を発表、世界各地で講演も行ない、当時最大の著名人の一人となる。無学の少年ハックルベリー・フィン自身の言葉で語られる『ハックルベリー・フィンの冒けん』(イギリス版1884年、アメリカ版1885年)はなかでも傑作とされ、アーネスト・ヘミングウェイは『アフリカの緑の丘』で「今日のアメリカ文学はすべてマーク・トウェインのハックルベリー・フィンという一冊の本から出ている」と評した。

「2017年 『ハックルベリー・フィンの冒けん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マーク・トウェインの作品

トム・ソーヤーの冒険 (小学館世界の名作 9)を本棚に登録しているひと

ツイートする