西の魔女が死んだ

著者 :
  • 小学館
3.96
  • (322)
  • (213)
  • (322)
  • (13)
  • (3)
本棚登録 : 1455
レビュー : 291
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092896109

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 魔女のおばあちゃんと孫のお話。おばあちゃんはいつも優しい。アイノウと応えてくれる。おばあちゃんがしんでおばあちゃんちに行ったときのラストシーンはじわりとくる。死ぬとはたましいの脱出。アイノウ。

  • おばあちゃん本当に素敵な人でした。
    まいがおばあちゃんと過ごす静かで穏やかな時間がとても美しいものに感じました。それだけに透き通った水面に一滴落ちた墨のような、まいがゲンジさんに抱く嫌悪感も印象深いです。

  • 登校拒否を続けている中学生の女の子が、一時期おばあちゃんと暮らしたときのお話し。
    おばあちゃんは外国人なので、日本語がぎこちなく、少し読みづらかったが、おばあちゃんとはなんて温かく大きな存在なんだろう、ということを改めて教えてもらった作品です。
    おばあちゃんのことを思い出してしまいました。

  • 中学に進んでまもなく、どうしても学校へ足が向かなくなった少女は、西の魔女(祖母)のもとで、何でも自分で決められたようになる「魔女修行」をすることに・・・。
    果たして、少女はどうなる!?

  • すーっと子供時代に戻り、感情移入出来た。おばあちゃんと孫の素敵なお話。

  • 軽く読んでみようかな、と手に取りやすい。
    一言が年端のいかない子どもにどんな風に受け取られるのか、いつも考えなきゃいけないなって思う。
    おばあちゃんとまいの世界観がとても素敵。

  • タイトルと同じく、「西の魔女が死んだ。」から始まるストーリー。
    だけど魔法が使えるわけではなく、ファンタジーなわけでもない。
    実写化と聞いて不安に思ったが杞憂で、映画も大変良かった。
    何もかも見透かしたようなおばあちゃんの「アイ・ノウ」が素敵。

  • 星は4つですが、、もう少し細かくつけられるなら、4.5です。

    まず本全体の雰囲気がとても好きです。

    考え方、生活、まさに理想とする世界でした。

    主人公の少女と共に、感動し、泣きました。

    誰が正しいと、考え方を押し付けず、一歩引いた視点も好きです。

    ラスト5ページに静かに胸を打たれました。

  • 最後に出てくるシーンがとてもいい。
    亡くなった人への後悔って多かれ少なかれ誰でも持っていると思うが、主人公は最後の一言によって救われた。読後感が良かった。

  • 以前友人に薦められて読みました。
    今回は「面白かった」と表現している人がいると聞き、よかったかもしれないけれど、面白いとは違うと思い、再読。

全291件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

梨木 香歩(なしき かほ)
1959年、鹿児島県生まれの小説家、児童文学作家、絵本作家。
『西の魔女が死んだ』で日本児童文学者協会新人賞を受賞。映画化もされたこの受賞作が最も著名な代表作となる。
ほかに新美南吉児童文学賞、小学館文学賞を、『裏庭』で児童文学ファンタジー大賞、『渡りの足跡』で読売文学賞随筆・紀行部門をそれぞれ受賞。
受賞作以外の代表作として、『家守綺譚』、『沼地のある森を抜けて』、『ぐるりのこと』などがある。

西の魔女が死んだのその他の作品

西の魔女が死んだ 単行本 西の魔女が死んだ 梨木香歩

梨木香歩の作品

ツイートする