西の魔女が死んだ

著者 :
  • 小学館
3.96
  • (322)
  • (213)
  • (322)
  • (13)
  • (3)
本棚登録 : 1455
レビュー : 291
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092896109

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 高校のとき学校が楽しくなかったときに図書館で出会った本。すごく楽になったのをよく覚えてる。買おうと思って本屋に行ったら装丁が素敵になっていてうれしかった。社会人になってからだから10年後?映画化はびっくりした。彼女の世界観や空気感は万人受けしないから難しいよね。と思いつつ観に行きました。

  • 最後は感動しました。

  • 中学生の少女まいが、中学に入ってすぐに学校に行くことができなくなり、祖母の家で過ごすことになる。祖母は魔女、と言っても、実際に魔法を使うわけではない。そこで、まいは「魔女修行」をすることになる。一番大事なのは「自分で決めること」。

    都市を離れて、自然の中で暮らすこと。その癒し、喜びには共感できるけれど、素直に読むには、少し年を取りすぎてしまったかも(^^;。
    学校に行きたくないという理由(クラスの中での孤立)にも、そこに至る経緯が漠然としていたような気がする。でも、そんな「雰囲気」だけで派閥が決まるというのが「今風」なのかもしれないけれど。

  • 何年も前に何かのきっかけで読もうと思った本だが、手に取る機会がなかった。図書館から借りた本がたまたま家にあったので、淡々と読んでしまった。中学生にお勧めする本には必ず入っているそうだ。

  • 感受性ばかりが強くて、女子世界の掟になかなか馴染めないところが私に似てしまった娘に読んでほしい。
    彼女の感性を守ることができる芯の強い魔女に、私こそがならなければいけない。私が強くならなければいけない。
    児童書は大人になってから読み返すべき。
    大人になったからこそ伝わる世界もひっそりと隠れている。

  • 魔女のおばあちゃんと孫のお話。おばあちゃんはいつも優しい。アイノウと応えてくれる。おばあちゃんがしんでおばあちゃんちに行ったときのラストシーンはじわりとくる。死ぬとはたましいの脱出。アイノウ。

  • まあ、きれいにまとまっているな、と。
    児童向けみたいなので、いいと思うわ。

  • 以前読んだ「ハッピーバースデー」では、
    おじいちゃんとの交流が心温かかったけど、
    この本は、おばあちゃんとの交流。
    心の拠り所としての場所。
    おばあちゃんってそういう存在。
    私もそうだったな~~~
    凄く読みやすい本でした。

  • 「西の魔女」とは、中学生の少女・まいの祖母のこと。学校へ行けないまいは、田舎の祖母のところで生活することに。まいは、祖母の家系が魔女の血筋だと聞く。祖母のいう魔女とは、代々草木についての知識を受け継ぎ、物事の先を見通す不思議な能力を持つ人だと知る。まいは自分も魔女になりたいと願い、「魔女修行」を始める。この「魔女修行」とは、意志の力を強くし、何事も自分で決めること。そのための第一歩は規則正しい生活をするといった地味なものだった。野苺を摘んでジャムをつくったり、ハーブで草木の虫を除いたりと、身近な自然を感じながらの心地よい生活が始まる。次第にまいの心は癒されていく。魔女はいう。「自分が楽に生きられる場所を求めたからといって、後ろめたく思う必要はありませんよ。サボテンは水の中に生える必要はないし、蓮の花は空中では咲かない。シロクマがハワイより北極で生きるほうを選んだからといって、だれがシロクマを責めますか」そしてまいは、この「西の魔女」から決定的なメッセージをうけとるのだった……。 (内容紹介)

    おばあちゃんの言葉がどれをとってもすごく心に響く。毎日決めたことをきちんとこなすこと、自分で選択すること。簡単なようで難しい。でも生きていく中で大事なことだと思う。自分の中では世界の終りのように感じることもすごく狭い小さなところでぐるぐるやってるだけで、そんなに思い悩むことでもないんだよって言われたような気分。

  • 小学校高学年~中学生の女の子向け。宮崎駿を思わせる物語。英国出身の祖母の家で登校拒否になった少女が自分を発見していく。田舎暮らしの様子を読んで、昔、自分も農家の祖父母の家に、夏休みに長いこと滞在していたことを思い出した。
     作品中には、英国の児童文学者に師事した、という作者自身の体験に基づくと思われるエピソードがいくつかあり、説得力がある。
     少々甘ったるい文章も、このくらいの世代の少女には、心をくすぐられるものがあるだろう。

     現実社会15%、ファンタジー85%の可愛らしく明るい創作。

著者プロフィール

梨木 香歩(なしき かほ)
1959年、鹿児島県生まれの小説家、児童文学作家、絵本作家。
『西の魔女が死んだ』で日本児童文学者協会新人賞を受賞。映画化もされたこの受賞作が最も著名な代表作となる。
ほかに新美南吉児童文学賞、小学館文学賞を、『裏庭』で児童文学ファンタジー大賞、『渡りの足跡』で読売文学賞随筆・紀行部門をそれぞれ受賞。
受賞作以外の代表作として、『家守綺譚』、『沼地のある森を抜けて』、『ぐるりのこと』などがある。

西の魔女が死んだのその他の作品

西の魔女が死んだ 単行本 西の魔女が死んだ 梨木香歩

梨木香歩の作品

ツイートする