ケータイくんとフジワラさん (創作児童読物)

著者 :
制作 : みずうち さとみ 
  • 小学館
3.50
  • (0)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092897540

作品紹介・あらすじ

朝読に! ケータイくんが運ぶほっこり物語

「古いものを大事に使うと、いいことが起きるんです!」

最新のケータイ電話たちがつぎつぎ売れていく電器屋さん。
でも古いガラケー電話のケータイくんは、
もう一年も売れのこっています。
そんなある日、ひとりのおじいさんフジワラさんがやってきて・・・・・。

携帯ストラップのかわいいお人形「りこじい」も登場して、
笑いあり、事件あり、ほっこりありの心あたたまるストーリー。

小学館児童出版文化賞(『ケイゾウさんは四月がきらいです。』)、
野間児童文芸賞(『きのうの夜、おとうさんがおそく帰った、そのわけは・・・・・』)受賞の
実力派作家・市川宣子さんの最新作です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 電器屋さんで売れ残っていたガラケー電話ののケータイくん。買ってくれたのは「フジワラさん」というおじいさん。ケータイくんが家にきてから、娘の文子さんや孫のりこちゃんとも連絡が取りやすくなり、寂しかったフジワラさんの日常はにぎやかで楽しいものに。でも、そんなある日、フジワラさんに事件が起こります。フジワラさんを守るためケータイくんは…。

  • 電気屋さんで1年も売れのこっているケータイくん。ある日、はじめて電話を持つというおじいさん、フジワラさんに買ってもらいました。はじめはどこからも電話がかかってこないし、ひとりぐらしのフジワラさんは、だれとも話をしない日が続いていました。そんなある日、フジワラさんの娘の文子さんと孫のりこちゃんがやってきて、ケータイくんに番号を登録しました。その日からケータイくんは、いろんな人とフジワラさんをつなぎはじめて…。やさしいみんなの気持ちがうれしいお話。

全2件中 1 - 2件を表示

市川宣子の作品

ツイートする