ダレン・シャン1 奇怪なサーカス

制作 : 田口 智子  Darren Shan  橋本 恵 
  • 小学館
3.77
  • (474)
  • (309)
  • (727)
  • (34)
  • (12)
本棚登録 : 3070
レビュー : 395
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092903012

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 色々な所で話題(?)になっている本なので、ミーハー心剥き出しで読んでみました。

    沢山の世代に読んで欲しい願いからでしょうか。
    ひらがなが多くて読み辛いなぁーと思ってしまいました。

    この本のレビューとしてはかけ離れてしまうのですが、
    やはり私の中で本を読むと言う行為は日々日常にかかせないのだなと実感しました。

    この本を開く時に、私の主人曰く、とてもワクワクした顔をしていたそうなのです。

    まだまだ暦の浅い未熟な夫婦なのですが、年を重ねていった時に
    きっとこの言葉とこの本の事を思い出すのだろうなぁとフと思いました。

    こんな些細なきっかけで、私の中では忘れられない一冊になってしまいました。

    さて、続きも楽しみます!

  • 小学生の頃はやってました
    全部読みました。
    意外な展開とバンパイアという題材がわくわくさせてくれます

  • 作者の名を持つ少年と、闇に生きる者達の運命の物語。
    悪意や残虐さ無慈悲さは、闇を描く為に必要とはいえ児童文学のジャンルでは濃く描かれています。苦手な方はご注意を。王道過ぎて意外性は少なく物語も長いですが、闇の陰湿さをしつこく残さないライトな読み心地です。
    最後まで読む事ができれば題名の意味を理解し、すっきりする事ができるでしょう。

    個人的に同時期に発表された某魔法学校に比べると、こちらの方が面白い。

    • 稲野巧実さん
      そうですね!某魔法学校も面白い作品に違いないです!ダレン・シャンのレビュー故に、あえて作品名を出さずにぼかして発言させていただきました。
      そうですね!某魔法学校も面白い作品に違いないです!ダレン・シャンのレビュー故に、あえて作品名を出さずにぼかして発言させていただきました。
      2018/06/19
  • 1巻が一番泣ける。

  • おもしろい…のか?うーん…二巻に期待。

  • 再読日:2012年3月20日-27日
    Original title:Cirque Du Freak by Darren Shan
    Author:Darren Shan
    Harry potterの次に呼んだfantsy小説。
    再読で感じた事はDarrenが自分の行動の結果なのに、
    Madammeにやつ当りする等、
    まだまだ子供だと感じられる所が随所にあった。
    もう少しだけで良いから先の事を考えた行動をしていたら、
    DarrenとSteveの関係はどうなっていただろう・・・。

    虫は苦手なのですが、Vampireやcircus等世界観は好きです。

  • 正直最初の読後感はたいしたものではなかった。続きを読むうちに印象は変わった。

  • これまた小学校の図書館でシリーズを発見し、読み始めた本です。
    在学中に完結しなかったので、新しい巻が出ると買っていました。
    完結後に小学生時代に読んだ部分の本も買い、今も全巻が本棚の一角を占めています。

  • まったく、子どもってやつは!
    クレプスリーの言いたいことのほうがよく分かってしまうのは、しょうがない。私はどう逆立ちしても子供じゃないからなぁ。
    ダレンの両親がなんかリアル。特別厳しいわけでも特別甘いわけでもなく、普通に居そうで、ダレンの父親との距離の取り方とかすごく描写が細かいんだなぁ。
    この巻はダレンが家族と決別してバンパイアとして生きていくことを決意するっていうのが一つの盛り上がりどころで、だから前段としてダレンの家族がしっかり描かれてるのは納得なんだけど。
    それにしても、母親になら言えただろうけど、父親には打ち明けたくない、とか凄く思考が男の子で納得。別に父親が特別怖いわけではなく。

    思ったよりもきちんと話が進むので、続きが楽しみです。
    映画見てるから展開は知ってたけど、全く先を知らないままに読んでたほうが面白かっただろうなぁ。それが残念だ。

  • ある日見に行った「奇妙なサーカス」から始まる、ある少年の長いお話。全12巻+外伝1巻。

    一番の見所は、やっぱり個性あふれる登場人物たちでしょうか。主人公ダレンを始め、彼の友人スティーブ、バンパイアのクレプスリー、シルク・ド・フリークのメンバー等、毎巻すごく印象に残る方々が登場しそのたびにストーリーに彩りを添えます。

    初めて読んだのが小学校の頃で当時は「怖い」と思ってましたが、数年後に読み返すとすごくストーリーに引き込まれてしまい、一気に最後まで読んでしまいました。

全395件中 61 - 70件を表示

ダレン・シャン1 奇怪なサーカスのその他の作品

ダレン・シャンの作品

ツイートする