ダレン・シャン2―若きバンパイア

制作 : 田口 智子  Darren Shan  橋本 恵 
  • 小学館
3.62
  • (180)
  • (158)
  • (472)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 1726
レビュー : 91
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092903029

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • バンパイアになりたてのダレン、まだ人間の血は飲んでいなかった。
    自分が怪物になったのか、と信じられなかった。
    それよりも友達が、家族が、妹が恋しくて恋しくてたまらなかった。

    クレプスリーはそんなダレンを見て、もう一度フリークショーに戻ることにした。
    そこだったら、ダレンと同じ位の年齢の子供がいるからだ。


    あら、面白いじゃないの。
    次も楽しみ。
    娘によると、三巻以降から面白くなる、と。

  • (中学二年生)

  • 面白かったヾ(^ω^)ノ

  • おもしろくて、寝る間も惜しんで読みました。

  • ダレン・シャン自身が著す、彼自身の過去。
    半分ヴァンパイアの少年、ダレンの人生を描く。
    文が苦手、活字離れしてしまった人にこそ!
    ハリー・ポッターに負けぬ世界観、しかし読みやすさ。
    是非この機会に読んでみては?

  • ●2008年6月20日頃読了
    クレプスリーが愛しすぎる…!!
    優しすぎだろww
    ダレンの要望から、シルクドフリークというサーカス団と共に過ごし始めます。
    そこでダレンにはヘビ少年のエブラと友達になりました。
    そして人間の男の子サムと知り合います。
    三人仲良く日々を過ごしますが……

  • n.

  • 最後には色々泣けました。

  • う〜ん・・・あいかわらず切なくなりますね・・・。
    巻が進むごとにクレプスリーが愛しくなるんだろうなあ
    と1巻のときに思ったけど、
    やっぱりクレプスリーが愛しくなりますね。
    そして死や血や悲しすぎます・・・。
    読み進めたい反面読み進めたくないです。

  • エブラが可愛い

全91件中 41 - 50件を表示

ダレン・シャン2―若きバンパイアのその他の作品

ダレン・シャンの作品

ツイートする