ダレン・シャン4―バンパイア・マウンテン

制作 : 田口 智子  Darren Shan  橋本 恵 
  • 小学館
3.59
  • (145)
  • (151)
  • (428)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 1568
レビュー : 77
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092903043

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 児童書と言えども、挿絵を入れることには賛成しない。
    想像力がそがれるような、想像が限定されるような気がするからだ。

    しかし、この本の真ん中に現れた見開きの挿絵には、心を打たれた。
    なんともいえないタイミングで、心に描いたような風景が現れたからだ。
    その瞬間のためだけに、この本を読んで良かったと思わせるものがあった。

    話はあと2冊続き物らしい。
    これぐらいの分量がないと。

  • 今回は沢山のヴァンパイアが登場してきましたねー。
    次回はダレンがヴァンパイアとしての力を試される時。

  •  読んで良かった。

  • ちょうどいい所で続くでした。もちろん続きも借りました。

  • ヴァンパイア総会に出席するための旅とその会場の様子

  • どうなるダレン!

    私の中でカーダ爽やかイケメン、エラはツンデレ美人。

  • 「バンパイア・クリスマス」から6年の月日が流れた。ダレンは半バンパイアの生活にも慣れ、シルク・ド・フリークを我が家のように感じはじめている。ところが、仲間たちと別れなければならなくなった。クレプスリーとふたり、向かうはバンパイア・マウンテン。バンパイア将軍や元帥たちに、バンパイアとしての承認を得るためにーー。
    ダレンとクレプスリーの新しい旅が始まる「ダレン・シャン」シリーズ第四弾!

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    オオカミ可愛い(*^o^*)
    最初、いきなり六年もたっててえええってなったけど、バンパイアたちにとっては、つい昨日のことだが、的なノリなんだね……
    でもエブラはしっかり大人になってて、なんか切なかった……
    この辺からなんかややこしい話になってくるね!
    元帥とか将軍とか……
    ハーキャットが、喋り出して、とたんに可愛く見えてきた……

    まあとりあえず…クレプスリーかっこいいね(^ω^三^ω^)

  • バンパイア・マウンテンに向かうダレンとクレプスリー。
    それは試練の旅でもあった。
    果たしてどんな場所なのか。

    (2005年05月21日読了)

  • ダレンとクレスプリーは、バンパイア総会のためにバンパイアマウンテンをめざす。
    供に旅するリトル・ピープルのハーキャットは、ミスター・タイニーに恐ろしい予言を託されていた。。

    この巻はバンパイアしかでてこない!バンパイアの秘密がどんどん明らかに…。
    3巻から6年経ち、ダレンが勇敢に!格闘シーンがかっこいいです。

  • 一、二、三巻と一冊完結なお話で続いてきましたがここに来ての続き物。
    導入部だからか、読了巻ほどのグロさやハラハラさ、そう言った意味でのドキドキ感や楽しみは少なかったものの、バンパイア・マウンテンなる場所に行きバンパイアの世界などが詳しく描かれていてそれなりには楽しめたと思います。
    それと沢山の登場人物が出てくるのが魅力的ですかね。

ダレン・シャン4―バンパイア・マウンテンのその他の作品

ダレン・シャンの作品

ツイートする