ダレン・シャン 12巻 運命の息子

制作 : 田口 智子  橋本 恵 
  • 小学館
3.78
  • (224)
  • (124)
  • (345)
  • (14)
  • (3)
本棚登録 : 1481
レビュー : 122
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092903128

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なるほど。
    そう来たかーー。
    それで作者もダレンシャン。
    なるほどーー。

  • 最後は納得いくかわからない終わり方だったけどこれもこれでいいなと思いました。

  • 運命の息子の意味。長い長い伏線回収。読むのに半年かかったが読んでよかった!
    最後の締めも『果てしない物語』に並ぶほどによかった。
    自分もこんな物語を作り出してみたい。

  • ダレンのパンドラの箱の最期に残った希望はあったといった感じのエンディング。
    ミスター・タイニーは見直していた部分もちょっとあったが、あんたが黒幕かい…。諸悪の根源はおまへじゃないか(-_-メ)
    しかも、自分の子どもすら手駒にするわ、弱ければ見捨てるわ^_^;
    どうしようもない親父だ。傲慢で慢心だから裏かかれるんだな…。

  • ついに最終巻。子どもの頃に読んだとか、再読とかのレビューが多かったので、古いお話かと思ってたけど、割と最近のお話でした。そういうことか。

  • Original title:Sons of Destiny
    あんなに話を盛り上がらせといて結末がこれとは!!
    読み終わったばかりなので、色々気持ちの整理がつきません。
    まさかSteveとDarrenが…。
    Steveの行動は許せる物ではありませんが、最期が可哀想でした。

    最後の行動でDarrenはあの子を救ったのだと、
    出来ればあの子のその後がどうなったのか、また違う話しで書いて欲しいです。

    そして何故作者がこの物語の主人公を同じ名前にしたのか理由が解りました。
    第19章の最後の2文は思わず1巻を読み返したくなる程、鳥肌が立ちました。

  • こんな終わり方だったとは!
    闇の帝王になったダレンもみてみたかったな
    また機会があったら読みたい本(*^^*)

  • とうとう最後まで読んだ!

  • 先を読まずにいられない作品。 長編ファンタジーが好きな方はぜひ!

  • ダレンとバンパニーズ大王の決着の行方は!?

    決着がついた後から、一番大事な話が始まります。
    最後の章まで読んで、やっと1巻にたどり着く。
    ダレンの冒険は大変なものだったし、最後まで辛かったろうけど、
    だからヒーローって呼ぶのがぴったりだなって思いました!
    子供たちに教えてあげたい本です!

ダレン・シャン 12巻 運命の息子のその他の作品

ダレン・シャンの作品

ツイートする