ダレン・シャン 12巻 運命の息子

制作 : 田口 智子  橋本 恵 
  • 小学館
3.78
  • (224)
  • (124)
  • (345)
  • (14)
  • (3)
本棚登録 : 1480
レビュー : 122
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092903128

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とうとう最終巻。
    ファンタジーですが、最終巻はSFっぽい話になってたかな。
    終わり方は賛否両論だと思いますが、私は納得しました。ハッピーエンドとも言えませんが、すっと受け入れられる結末。
    1巻の最初の文章にはこんな意味が込められていたんですね。児童書侮ることなかれ。

    全12巻のシリーズなので、読後感は凄いです。放心。

  • 終わった――!!!!!!!!!!
    見事な着地。
    ループは予想してたけど…。
    あ~ん。1巻から読み返したくなる。
    消滅したダレンの、こっちの人生が愛しくなる。
    もう、この本の中にしか存在しないんだ…と思うとなおさら。

    「…だが、わたしとおまえは友だった…そうだな?」と握手を交わしたミスター・トール、素敵過ぎ~!!
    なんてカッコいい人なんだ!!

    「運命」について、考える。
    選択されなかった沢山の人生に献杯!

  • 次つぎ気になってとまりませんでした!

    また、読みたい本です:)

  • 「ハリポタ」の次にハマっているのが「ダレン・シャン」。予想もしないストーリー展開と登場人物がそれぞれ個性的で魅力がある。(だって主人公は半バンパイアだ!)
    なにより、テンポ良く読める所が良い。
    私は、キレイごとで終わらないファンタジーを勝手に“ダークファンタジー”と呼んでいるが、この「ダレンシリーズ」もダークファンタジー系の代表作だと思う。
    残念ながら12巻で最終話。

  • ラスト良かったー!複雑に絡まる!
    そしてなんかせつない。

  • 主人公が幸せなだけがハッピーエンドじゃないと初めて知らされた作品。
    12巻まで読んで1巻からもう一度読み直すまでが完結だと思う。
    私の人生を作ってくれてありがとうございますダレン・シャン。
    ずっとバイブル

  • ついに完結……!!
    タイニーさんの力が凄すぎて頭が追いつかんよ!
    しかしエバンナ…やりおるな(笑)

    終盤がどう転ぶかわからんくてハラハラしっぱなしだったよ!
    今後のバンパイア界が気になるな…
    ラストで、トールもクレプスリーもダレンとは会わない運命になったんだなって思うと、ちょっと悲しいです
    でもきっと、これでよかったんだよな…

    それにしても著者のダレン氏すごいですね!!
    他の作品を書くときもダレンの名前を使うのは何故だろうと不思議に思っていたのですが…なるほど…

    本当に最後までノンストップで面白かったです!!

  • ラストは衝撃的!

  • まさかのラストでした。
    ダレン……

    読んだ後の余韻がすごいです。

  • 毎回毎回意外な展開で驚かされてきたダレンシャンも
    いよいよ完結。最後までびっくりさせられました。
    1巻からの今までの伏線はこの巻で全部消化されてます。
    ここまで綺麗にまとまるものなのかと。
    もう1度最初から一気に読み返したくなりました。

ダレン・シャン 12巻 運命の息子のその他の作品

ダレン・シャンの作品

ツイートする