デモナータ 3幕 スローター

制作 : 田口 智子  橋本 恵 
  • 小学館
3.78
  • (77)
  • (63)
  • (125)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 584
レビュー : 54
  • Amazon.co.jp ・本 (390ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092903234

作品紹介・あらすじ

世界的な人気作家となったダレン・シャン氏の新シリーズも、いよいよ第三巻となり、いくつかの謎が解明され、ストーリーも盛り上がってきました。1巻で活躍した主人公のグラブス少年と、ダービッシュおじさんが再登場し、悪魔や魔将ロード・ロスと手に汗を握る闘いをします。悪魔に心を売ってしまった人間たちが計画する巨大な映画のロケのための街。そこには大虐殺という意味をもつ「スローター」という街だった。次々と悪魔のえじきになる俳優やスタッフたち。主人公は知恵と勇気をもって魔術で立ちむかっていく。映画好きの著者ならではの、ハラハラドキドキでスピーディなファンタジーの世界が展開されます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • デモナータシリーズ3冊目。
    再びグラブス視点の話。

    デモナータから生還して少しおかしくなってしまったダービッシュと一緒に生活してる中、
    ダービッシュがスローターという悪魔映画の撮影に関わるのでそれに付いて行って、
    ロード・ロスなどの実際の悪魔が現れて大虐殺する話。

    最後に魔術が使えるようになったボウが悪魔の中に戻っていなくなってしまったのは再登場するフラグだたりするかな?

  • 私が唯一よむファンタジー。久しぶりに本を読んでない時にもストーリーが離れない小説。先が気になって気になって、いっきに読んでしまいました。<br>
    やっぱりダレン氏すぅぅき☆超おもしろいです。グロさはパワーアップしてますけど笑

  • 再びグラブス
    ホラー映画の監修を受け持ったダービッシュおじさんにくっついて、撮影現場の町に滞在することになったグラブス達
    順調に撮影が進むなか、本物の悪魔が役者を襲うのを見てしまったグラブスは、立ち入り禁止の部屋でデモナータへの入り口を発見してしまう
    本物の悪魔を撮影したいと悪魔と契約した監督だが、その監督も襲われてしまい、グラブスたちは魔力を使って悪魔たちを阻止する

  • おじさんがデモナータから帰還して平穏を取り戻したのも束の間。
    悪魔をテーマに有名映画プロデューサーが映画を作るための協力を求めてきます。

    巨大な映画セットとして作られた街。
    それは、ロードロスの罠だったのだ…

    2巻で登場した仲間たちが一部、登場します(*^^*)

  • スローター=大虐殺


    こわい!!!!!

    映画のためにそこまでやるか・・・・・・・・

    なんてことを・・・・・・・

  • 毎回毎回映像で頭に出てくるからこれは本当に「後ろに敵がいるよ!」って声を出してしまった。
    主人公はんぱねぇ。

  • 映画のロケ地で起こる惨劇。キングやクーンツにも劣らない描写力を感じた。

  • グラブスちょー可哀想!な三巻。

    この巻以降から所持。
    一巻の続きの話になります。グラブス主人公。
    映画撮影に参加することになったグラブスはビルEとおじさんと撮影現場に行きます。しかしそれは…ごにょごにょ。

    あ、本格的に魔術使います。呪文を具体的に言わない描写がいいと思いました。

    この巻のおじさんかなりうざい。

  • 1幕主人公のグラブスが主人公。
    私の想像力が無いだけかもしれませんが、どうなるかわからない展開が面白いと思う。
    続きが気になります。

  • 楽しかった。
    読み疲れるほど一気に読んでしまった。

全54件中 1 - 10件を表示

ダレン・シャンの作品

デモナータ 3幕 スローターを本棚に登録しているひと

ツイートする