敬語使いこなしパーフェクトマニュアル (実用単行本)

著者 :
  • 小学館
3.63
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093107648

作品紹介・あらすじ

場面別に敬語の使い方を解説。敬語言いかえ辞典付き

敬語は人間関係を円滑に保つために欠くことのできないマナーであり、ときに知性と教養をはかられるバロメーターともいえるもの。上司や同僚の付き合いや、取引先・顧客との取引も、敬語の使い方に大きく左右されると言っても決して過言ではありません。本書は、上司との日常会話から、自己紹介・商談・接待・プレゼン・冠婚葬祭・電話・手紙・メールまで、職場や日常生活でよく出会うさまざまな場面別に、具体的な会話例や文例を挙げながら、敬語の使い方をわかりやすく解説したものです。初めのページから順番に読んでもよし、困ったときに必要な場面を引いて調べてもよし、楽しい三コマ漫画やイラスト、敬語に関するコラムも満載で、だれでも楽しく敬語が使いこなせるようになります。巻末には、 ふだんの言葉から改まったときの言葉が引ける「ふだん語→敬語 言いかえ辞典」を掲載。「出席→ご臨席」「会う→お目に掛かる・拝謁する・ご尊顔を拝す・拝眉するetc.」など、改まった言い方になおしたいときに手軽に言葉を引けて、その使い方も知ることができます。会話から文書まで、敬語をマスターしたい新入社員必読の1冊です。

【編集担当からのおすすめ情報】
著者は、国語学者の故金田一春彦氏の元秘書で、現在日本語マナーや敬語についての研修指導や執筆で幅広く活躍中。言葉遣いと心配りの両面を大切にして高い評価を得ている講義経験を生かし、だれにでもわかるようやさしく敬語のコツを解説します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 新入社員とかにはいいかも。
    読みにくいけど。

  • 敬語の使い方って難しいですよね。http://sgk.me/igBK91
    就職して自分の敬語が不安になり、この本を買いました。なにか困ったことがあったときには、この本の「ふだん語→敬語 言いかえ辞典」で調べます。

  • シーン別に役立つフレーズや、ふだん語から敬語への言い換えなど、よく使う敬語フレーズを紹介します。楽しいマンガやコラムも満載です!!ぜひ一度手にとってみて下さい。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

国語学者、故金田一春彦氏の秘書を15年務める。言葉の使い方や敬語の講師として、金融機関・一般企業・学校などの教育研修の場で講義・指導を行う。長年の秘書経験に基づく、心くばりに重きを置いた実践的な指導内容には定評があり、話し方のほか、手紙の書き方に関する講演や執筆も多い。著書に『一生使える「敬語の基本」が身につく本』(大和出版)、『敬語使いこなしパーフェクトマニュアル』『最新 手紙・メールのマナーQ&A事典』(ともに小学館)、『知らずにまちがえている敬語』(祥伝社新書)、『大和ことばで書く短い手紙・はがき・一筆箋』(日本文芸社)など。ウェブサイト「All About」では、「手紙の書き方」のガイドを務めている。

「2019年 『お客様に好かれる正しい日本語・敬語の使い方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井上明美の作品

敬語使いこなしパーフェクトマニュアル (実用単行本)を本棚に登録しているひと

ツイートする