おいしい和食がつくれたら。 (実用単行本)

著者 :
  • 小学館
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093107808

作品紹介・あらすじ

まぐろとわけぎのぬた、いかの木の芽みそかけ、ゆばと水菜の煮びたし…、なんだが難しそうに聞こえるけど、川津さんのレシピを読むと意外や簡単。失敗なしの四季レシピ99.

著者プロフィール

川津幸子(かわつ・ゆきこ)
料理編集者、料理研究家。
早稲田大学在学中に料理編集者を志す。卒業後、ファミリーサークル、世界文化社を経て、1985年『オレンジページ』の創刊に料理部門のチーフとして参加、2年後にフリーに。1988年には一時仕事を離れ、充電もかねて1年間ニューヨークに暮らす。帰国後、栗原はるみさんの『ごちそうさまが、ききたくて。』(文化出版局)、山本麗子さんの『101の幸福なレシピ』(講談社)などのヒット作をてがける。1995年再び休職し、エコールキュリエール国立(現・エコール辻)でフランス料理を学ぶ。その後、自ら料理して、その楽しさを伝えたいと思うようになり、『100文字レシピ』など簡単でおいしい料理を提案。一方で、生来の食いしん坊ゆえに生まれた世界のおいしい料理を紹介して、料理好きの支持を得ている。「100文字レシピ」シリーズ、「ビンボー Deli」「ごはんよ、急げ!」「川津さんちのおうちごはんのレシピとヒント 204」「そろそろ大人のおいしい暮らし」「あの味が自分でできる くいしんぼレシピ」など著書多数。


「2014年 『これであなたもひとりごはんのベテラン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川津幸子の作品

ツイートする