「小学校で困ること」を減らす親子遊び10: 6~12歳 発達が気になる子を理解して上手に育てる本 (実用単行本)

制作 : 木村 順 
  • 小学館
4.40
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :27
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (98ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093114127

作品紹介・あらすじ

苦手や「困った」を遊びで減らそう!

診断名がついているわけではないのに、学校で小さなトラブルが発生してしまうわが子の言動の背景になる「問題」について、療育プログラムが人気で、予約のとれない作業療法士、木村順さんがわかりやすく解説し、子どもの「困った」のタイプ別に、親子遊びをバリエーション豊かに紹介します。
教室で椅子をガタガタさせて、落ち着きがない、板書についていけない、先生の注意を聞けない、友達とうまくコミュニケーションができない…そんな子ども達の「困った」を減らしてあげましょう。
子どもの成長に伴って改善していくことの多い小さなトラブルですが、親が追い詰められてしまわないよう、先生や友達など、周囲の理解を得るために、先輩ママたちが実践してきたことや、木村順さんが療育指導の中で保護者にアドバイスしていることをまとめた1章を作りました。

【編集担当からのおすすめ情報】
この遊びをすると、どういう力が育ち、その結果、学校でのわが子はどのように変わるのか、ということを、遊び方ごとに解説しています。
板書についていけない子どもには、目の動きを改善する運動をさせてあげると、行の読み飛ばしがなくなったり、字も読みやすくなったりします。友達とトラブルを繰り返してしまう子には、実際にあったトラブルをテーマにした、3択クイズを出してあげると、対応が学べます。
親子とも楽しめる遊びばかりなので、すぐに始められます。

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ・バランス感覚の回路を活性化:トランポリン、回転いす。
    ・触覚の回路を活性化:タッチ遊び、手探りゲーム。
    ・固有覚の回路を活性化:ツイスター、ポーズゲーム。
    上記の3つの感覚統合がうまくいかないのが発達障害の原因なのだそう。トランポリンを取り入れたいなぁ。

  • これを読んで、トランポリンを注文しました。
    到着したら参考にして遊んでみようと思います。

  • 結構良い

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

「小学校で困ること」を減らす親子遊び10: 6~12歳 発達が気になる子を理解して上手に育てる本 (実用単行本)はこんな本です

ツイートする