オキーフの恋人 オズワルドの追憶 (上)

著者 :
  • 小学館
3.36
  • (6)
  • (11)
  • (32)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 99
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093423526

作品紹介・あらすじ

人気ミステリー作家が謎の失踪を遂げた。女流画家ジョージア・オキーフを敬愛する青年編集者は、禁断の恋にのめりこんでいく。作家の代理人をつとめる盲目の美女が鍵を握る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 下巻に記載。

  • 本を開いて1ページ目から好きになった。この本が辻仁成を読む最初の一冊だったけれど、こんなにも繊細で丁寧に綴られる文章を書く作家さんがいるのだと驚いた。表現されるものの一つ一つを見逃さないように読みたくなってしまう作品。次々と鮮やかに展開を見せていくストーリーが、著者の言葉によってとても緻密に組み立てられていて、広げられていく風呂敷の一枚一枚の中に、どんな結末が込められているのかがたまらなく楽しみになる。オズワルトの追憶よりも、オキーフの恋人という現実世界の話の方が個人的には好きなのだけれど、どちらかといえば文章量の比重はオズワルトの方に傾いている。
    一見現実味のない話の連続なのに、それが臨場感とリアルを帯びてこちらに伝わってくるところが、この著者の文章の魅力だと思います。

  • 辻ワールド。なのは面白いんだけど、だんだん話がよくわからなくなってきてしまった。下巻はいいかなぁって…

  • 久々に辻仁成の世界にはまりました。

    2つの物語が交錯してスピード感があって、一気読みでした。

    悪魔崇拝こわー


    終わりかたはいまいちでしたが、十分楽しめました。

  • どうやら私は二つの世界が同時進行する話が好みみたい。
    これもそう。
    交錯していき、段々、感情移入していった。
    途中から段々読むスピードが早くなって、あっという間に読んだ。

  • 二つの物語りが同時進行ですすみ面白い。最後は夢なのか??っていうオチで微妙な所もあるが、いろんな立場の人物像が面白い。

  • 辻ワールド。

全8件中 1 - 8件を表示

オキーフの恋人 オズワルドの追憶 (上)のその他の作品

辻仁成の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする