みちくさ 2

著者 :
  • 小学館
4.40
  • (156)
  • (87)
  • (33)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 1042
感想 : 89
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093423878

作品紹介・あらすじ

今日もてくてく、あっこはお散歩中。

「心がほっと温かくなる」「いつもの街が違って見える」と静かなブームを呼んでいる、女優・モデル菊池亜希子のお散歩エッセイ本第2弾です。
今回も、あっこが気になる17の街をぶらぶら歩き。青山、白金、学芸大学、経堂など、おしゃれな街やおなじみの街。本郷、清澄白河、蔵前など、話題の下町。発見がいっぱいの神戸や京都、思い出の街・名古屋、初めてのバリ島、憧れのフィンランド。
独自の目線で見つけた、かわいいものやおいしいもの、すてきな人たちとの出会い、“すみっこのいいもの”の数々が、直筆のほっこりしたイラストマップとエッセイ、かわいい写真で描かれます。
そして、いつも多数の問い合わせをいただいている、あっこ私服の“みちくさスタイル”。そのアーカイブを本人解説とともに一挙掲載。
初回限定、オリジナルのかわいいあっこしおりも付いてます!

【編集担当からのおすすめ情報】
菊池亜希子のお散歩エッセイ本、第2弾ができました。ほっと心をゆるめたいとき、ちょっと元気がほしいとき。ページを開くと、国内外のかわいい街を独特の目線でとらえた“あっこワールド”が広がります。休日や夏旅のガイドとしても◎。かわいいあっこ特製しおり、初回限定で付いてます!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「みちくさ」2冊目。
    今回も可愛くて、ワクワクする1冊。
    「道草のすすめ」に菊池さん流の道草の心得が書かれていて、とってもためになる。
    道草も全力で楽しんでるんだなぁ。

    小さな恋人との白楽でのデートにほんわか幸せな気持ちになって、清澄白河の新たな1面に私もまだまだ知らないことばかりなんだと知って、アルパカ牧場の姫にときめき、ムーミンの島に大興奮。

    旅はちょっと長い道草なのかも。
    ちゃんと計画を立ててから‥なんて難しく考えないで、ふらりと足を運べるようになりたいな。

    それと、巻末の「道草おじさん図鑑」がなんともキュート。
    最初から最後まで美味しい本でした。

  • 道草おしゃれいろいろ(写真付コーデ)が好き。
    さすがモデル。見目麗しい+オシャレで眺めるのが楽しい。
    これだけで1冊作ってくれてもずっと眺めてられそう。
    白楽でのちっちゃな恋人とのデート、いいなぁ。

  • ☆5
    菊池亜希子、すっごく好き。ファッションも、おしゃれも、好きだからしてるって感じで無理がなくて。写真も絵も文も可愛い本なので、見てるだけで楽しいよ。

  • ファッションも絵も、ちょうどいい抜け感があって素敵だと思う。文章は、飾りすぎず自分を素直に出していてするするっと読める。この人の世界がどこまで広がっていくのか。続編が楽しみです。

  • 散歩が好きなのでこの本何度も読んだ。
    イラストの細かい地図、書き込まれたコメント。仕事が嫌だった時カバンにいれて行きに帰りにパラパラめくっては知らない町に思いを飛ばしていた。

  • 町歩きが好きです。散歩が好きです。
    ふらりとお店に入ったり、いつもと違う道を通ったり、なんだか適当に歩いてみたり。そんなことが好きなんです。
    てな気持ちを刺激される本でした。歩こう、どこかを。どこでも楽しい。

  • 各駅停車しか停まらない駅。
    とっても身近な駅。
    そんな駅をぶらぶら。。。

    重い扉の向こうに良い物が溢れているはず。。と思いながらも、なかなかその扉を開けないことがある。
    ぶらぶらして、ちょっと勇気を出して見ると、その重い扉は、重くなくて、思った通りに心地よい物に出会えるのかもな。。。

    寄り道したくなった。

  • 散歩の楽しさ。楽しみ方。

  • 20180314読了。

  • ん。欲しい。

全89件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

女優・モデル。1982年岐阜県生まれ。モデルとしてデビューし、その後、映画やドラマ、CM、舞台などで女優としても活躍。主な出演作に映画『森崎書店の日々』『グッド・ストライプス』などがある。著書は『菊池亜希子ムック マッシュ(VOL.1〜10)』(小学館)、『へそまがり』(宝島社)、『好きよ、喫茶店』『続・好きよ、喫茶店』(ともにマガジンハウス)など多数。

「2021年 『こんな一冊に出会いたい 本の道しるべ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

菊池亜希子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×