小さなパリジェンヌ

著者 :
  • 小学館
3.31
  • (3)
  • (14)
  • (30)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 112
感想 : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093426428

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • サダハル・アオキの青木氏とご結婚され、フランスで二児を子育て中の元TBSアナウンサー雨宮塔子さんのエッセイ。なぜか、作家の宮木あや子さんのエッセイと勘違いして借りてきてしまった。

    ファッションとアムールの国フランスでは日本とは文化が異なっている部分も多くて、新鮮。例えば靴。

    柔らかい靴ばかり履かせると将来の足の形に影響するからと、よちよち歩きの子供にもしっかり革靴を履かせる。それも底が丈夫で、かかとが動かないよう固定するためにある程度深さがある靴。

    乳製品もなるべく与えず(少ない量で満足度をあげるため、スチームミルクにしてかさ増しする)アーモンドミルクや豆乳中心にするなど、こだわりが感じられる。

  • 「ちいさなパリジェンヌ」って子供のものってことか。興味なくてすみません。

  • 自然体の文章で何気ない日々のトピックを読みやすく面白く柔らかに書かれています。
    雨宮さんを通したパリの日常が素直に伝わる作品。

  • 914.6
    昔読んだマルティーヌの絵本、懐かしい!

  • 130310*読了
    またパリに行きたくなる。パリのかわいいものたちに出合いたくなる。
    特別な一日ではなく、当たり前の毎日をパリで感じたいと思う。

  • 雨宮さんの本、2冊目読破。子どものものに1つずつ焦点をあてて、書かれたエッセイ集だったが、読みやすかったし、写真もよかった。特に、笑顔で写っている雨宮さんがきれいで、心からパリでの生活を楽しんでいるんだろうなと思った。雨宮さんの他の本も読みたいなあ。

  • パリの「子どもまわりのモノ」が一枚の写真をベースに雨宮さんのあの穏やかで気さくなイメージそのまま綴られたエッセイ。ひとつひとつの長さが何かの合間にちょっと読むのにうってつけ。特に何かを感じさせられる、というのではなく「ああ、そうなんだ。そういうモノなんだ」と落ちてくる感じ。女の子のお母さんだったら思わず欲しくなっちゃうのかもしれない、そんなモノがいっぱい。

  • 雨宮塔子さんのエッセイ。
    雨宮さん、アナウンサーの頃から結構好きだったし、結婚してママになり、最近たまにテレビで見ても、キラキラ輝いていて素敵だな〰と思っていたので、ちょっとエッセイも読んでみました。

    やっぱり素敵だった。
    浮かれた感じもなく、気取った感じもなく、自然体なんだけど、素敵だった。

    雨宮さんと私の決定的な違い
    (ま、並べて比べるレベルにもないことはわかってるんやけど)
    雨宮さんは
    「洋服や靴は 見た目重視派 」
    だそうだ。
    私は
    「だんぜん実用重視派」
    気に入った服があっても、洗濯しにくかったり、扱いにくいと購入をためらってしまう。

    雨宮さんは子供にも編み上げブーツを履かせるそうな。

    これに私はかなり衝撃を受けた。
    特に子供には実用性を重視するべきだとおもってたから。

    でも。

    実用性も大事だけど、見た目を重視するってことはそれだけ努力が必要なわけで。
    その努力をおしまないことが、生活にキレイな色を塗ることなんじゃないかな〰と感じ、自分の努力をしない暮らしを反省したのでありました。

    これが、もっと気取った人のエッセイに書かれていたら、こんな風には感じなかったとおもうけどね。

  • パリを再訪する際に是非とも携行したい一冊。アパルトマンを借りて暮らすように滞在しつつ、美術館などの王道の観光も取り入れて....なんて、夢が膨らみました。

    【メモ】
    離乳食の参考に
    ・食べる野菜ジュース
    「子供たちは何を食べればいいのか」(松田麻美子著)
    緑葉野菜、赤ピーマン、セロリ、キュウリ、にんじん、ビーツをジューサーにかけるだけ

    ・BIO製品
    豆乳 PROVAMEL、アーモンドミルクNATURALIAのvaldibella
    ==========================================
    ・山田平安堂 干支漆器
    ・Calestaのボディ
    ・Martineの絵本

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1970年東京都生まれ。フリーキャスター、エッセイスト。成城大学卒業後、TBSに入社。99年退社後、単身パリに遊学。フランス語、西洋美術史を学ぶ。2002年に結婚、現在一男一女の母。著書に『金曜日のパリ』『それからのパリ』『小さなパリジェンヌ』『雨上がりのパリ』『パリごはん』『パリ アート散歩』『パリのmatureな女たち』などがある。

「2014年 『パリ、この愛しい人たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

雨宮塔子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×