初恋の道

制作 : Mark David Hatwood  風間 賢二 
  • 小学館
3.57
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093566117

作品紹介・あらすじ

憧れの少女エレナとデートしたい…。でも、デートの相手に選ばれるには少女の父親のハートを射止める贈り物をしなくてはいけない、という村のしきたりがありました。貧しい漁師の息子・マルチェロは、ある朝、彼女の父親に贈るとっておきの物を思いつきます。でも、それを手に入れるには、ある"取り引き"が必要だったのです。夢にまで見た彼女と交わす、初めての会話。初めてのデートのときめき。ひたむきな恋心だけを武器に恋の成就を目指して走る16歳の少年。イタリアの海辺の小さな村を舞台に繰り広げられるとってもピュアな初恋物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • わらしべ長者のイタリア版
    たわいない・・・とも
    映画は無理じゃない?

  • 若いっていいなァ~
    ほとんど病気みたいな感じで突き進む。
    若さの賜物でしょう

  • 物々交換は大変です

  • 舞台はイタリアの海辺の小さな村。その村には初デートの相手は娘の父親が選ぶという「しきたり」がありました。貧しい漁師の息子、マルチェロは憧れの少女エレナの父親に贈るとっておきの物を思いつきますが…
    (K)

    • knslさん
      繰り返しの絵本みたいですねえ^^
      この年頃って、進路もかなり重要なポイントかと思うのですが、ひたすら「恋」に失踪する男の子がさすがイタリア...
      繰り返しの絵本みたいですねえ^^
      この年頃って、進路もかなり重要なポイントかと思うのですが、ひたすら「恋」に失踪する男の子がさすがイタリア~と思いました^^
      (まっきー)
      2012/04/02
  • 古きよきイタリアの田舎町ののどかな情景が目に浮かんで、「こんなかんじの映画見たことあるような気が」。それもよし。何度見て(読んでも)ほっとできるかわいらしいジャンルのお話でした。(装丁が素敵で、鈴木一成事務所です。)

  • すごい純粋。
    こんな恋してみたい。

  • 憧れの少女の初デートを勝ち取るには、少女の父親へ贈り物をしなければいけない。
    しかし、ライバルは金持ちの息子で普通に張り合ったのでは勝ち目がない。
    勝ち目が無いと決め込んでいる後ろ向きな少年を
    少女へのひたむきな恋心と親友の言葉が前進させる。

    恋って人にすげえ力を与えてくれるんだなと
    今更ながら思い知らされました。

全7件中 1 - 7件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする