つながる外ごはん (be peaceful books)

著者 :
  • 小学館
3.79
  • (9)
  • (9)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 124
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093665414

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • BE-PALの特別号b*pから、初の単行本が出ました!
    BBQやピクニック、キャンプ、にぴったりの本。
    ビジュアルでもレシピでも、テンション上がります。
    あー、外遊びが楽しい季節になって来て嬉しいです。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「外遊びが楽しい季節に」
      表紙がとってもお洒落。。。自分で出来たら、さぞイイ気分だろうなぁ~
      「外遊びが楽しい季節に」
      表紙がとってもお洒落。。。自分で出来たら、さぞイイ気分だろうなぁ~
      2012/06/25
  • 外に出かけたくなった。少し私にはハードルが高目かな。

  • とにかく楽しそうです。
    厚切りの食パンを焼いた朝ごはんの美味しさに共感しました。
    今週末は、ダッチオーブンで、ピザ焼いてみようかな?

  • ファミリーキャンプを始めてからnoyamaを知りました。今までの野外料理のイメージって、男性がダブルバーナー、ダッチオーブンや焚き火でワイルドにやる感じで私には無縁と思ってました。noyamaが提案する野外料理のように、気張らずに外ごはんを楽しめるスタイルがとても親しみやすいように思う。

  • レシピ以上に共感できるコンセプト。本当に外ごはんが好きな人のために。

  • 丸ノ内朝大学 ピクニックプロデューサークラスのゲスト講師でした。
    講義終了後に購入。現在ピクニックで実践中。
    比較的簡単に実践できるレシピである。

  • わたしの“外ごはん”のスタイルと、かなり近い。ぱらぱらとページをめくるだけで楽しくなる。でも、ごめんなさい、本は買わない(図書館で借りた)。だって、もうこの“外ごはん”してるから。

  • インドア派なワタシですがアウトドアに憧れてウン十年。お外で生きていけるタイプではまったくないけど、サバイバルに生きられるスキルは必須かと思っています!この本は、気軽にお外で食事しようと言う、散歩やハイキングのついでに煮炊きをしようって程度のサバ飯。でもスゴく青空を感じる食事風景にワタシのサバイバル心はけっこう満たされるのよね。野宿でなくとも、コンテナハウスくらいには住んで、煮炊きは外で、なんて生活にはものごっつぅ憧れてます♪煮炊きのグッズなんか写真の隅々までチェックするのも、いい。家で作っても美味しそうなカレーとか。何時間でも読むと言うより眺めるのに適した著書だと思います!

  • オサレキャンプの参考書

  • 1970~80年代生まれの女の子たちのための“新しい野外料理ブック”

全12件中 1 - 10件を表示

noyamaの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
飯島 奈美
川島小鳥
暮しの手帖編集部
飯島奈美
村上 春樹
松本 理恵
桑原奈津子
ジェームズ アレ...
三浦 しをん
菊池 亜希子
伊藤 まさこ
飛田 和緒
有効な右矢印 無効な右矢印

つながる外ごはん (be peaceful books)を本棚に登録しているひと

ツイートする