模倣犯 (上)

著者 :
  • 小学館
3.83
  • (939)
  • (809)
  • (1266)
  • (67)
  • (23)
本棚登録 : 5815
レビュー : 671
  • Amazon.co.jp ・本 (721ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093792646

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ブックオフの100円コーナーにやっと落ちてきたので読んではみたが、期待が大きすぎたためか、あまり面白くなくて残念だった。なんであれ程売れたのか。あまりお勧めできない。

  • 冗長。宮部作品は短編の方が好き。

  • あまり緻密とは思えない印象。冗長な部分をもっと省いて上巻の量だけに収めることは出来なかったのかな。。。

著者プロフィール

宮部 みゆき(みやべ みゆき)
1960年、東京都生まれ。1987年に「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。1992年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、1999年には『理由』で直木賞、2002年『模倣犯』で司馬遼太郎賞、2007年『名もなき毒』で吉川英治文学賞など、数々の文学賞を受賞。大沢オフィス所属。日本推理作家協会会員。日本SF作家クラブ会員。直木賞、日本SF大賞、小説すばる新人賞、河合隼雄物語賞など多くの文学賞で選考委員を務める。『模倣犯』や『ブレイブ・ストーリー』など、多くの作品がドラマ化や映画化などメディア・ミックスされており、日本を代表するエンターテインメント作家として人気を博している。2019年7月10日『さよならの儀式』を刊行。

宮部みゆきの作品

ツイートする