コックサッカーブルース

著者 : 村上龍
  • 小学館 (1991年4月発売)
3.29
  • (8)
  • (6)
  • (41)
  • (3)
  • (1)
  • 117人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093793919

作品紹介

各界のVIPが参加した秘密SMパーティーで、一人を除く全員の女の子が、電気ノコギリで切り刻まれた…。性的フリークスの群れと、滅びゆく東京を描く村上龍のハードな最新刊。

コックサッカーブルースの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うん、ナイス~~~!良かった!

  • ずいぶん前にちょっと読みかけたままほったらかしてた本。プロの文章でどんどん読ませる。でもそれだけ、かな。この人の描く性的行為はまるでスポーツかなんかのようだ。

  • ちょっと気取ってみたくて、
    ハードカバーで読んでたっけ。

    分厚かった・・・。

  • 作中のエロスが
    直接触れて感じられるほどのリアリティ

    好き嫌いがかなりわかれそうだけど
    お勧め

全4件中 1 - 4件を表示

村上龍の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

コックサッカーブルースに関連する談話室の質問

コックサッカーブルースはこんな本です

ツイートする