謝罪の時代―昼寝するお化け〈第8集〉 (昼寝するお化け (第8集))

著者 :
  • 小学館
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093794480

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ― しかしこの年になって自分自身の姿や周囲を見回すと、病気に対して「丁寧でない」人のほうがはるかに元気に生きていることがわかったのだ。病気以外にすることがたくさんあって、病気のことなどあまり考えていられないのがいいようだ。病気も一つの人生の出来事と思い、できるだけ軽くやり過ごすという姿勢が必要なのである。
    つまり人生で、人間は何度も病気にはかかるだろうが、死ぬのは一回だけなのだし、その一回さえ済めばそれ以上何度も死ななくていいわけだ、とたかをくくることが大切なのである。



    「やり過ごす」これがわたしには欠けているんだなぁ。
    確かに死ぬのは一度だけだが、その途中の苦しみが長く長く続くときは、やっぱりつらいのよね。

全1件中 1 - 1件を表示

曽野綾子の作品

謝罪の時代―昼寝するお化け〈第8集〉 (昼寝するお化け (第8集))を本棚に登録しているひと

ツイートする