靖国神社が消える日

  • 15人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 宮澤佳廣
  • 小学館 (2017年7月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093798945

作品紹介

元幹部が初めて明かす、苦難の靖国神社秘史

6月末を持って靖国神社を退職した、禰宜・総務部長まで務めた元幹部による、初めての告白本。中韓、アメリカ、サヨク、ネトウヨ、内部……靖国神社の“本当の敵”は誰なのか?すべてを知る著者が、「靖国問題」の本質を問い直す。著者は言う。「このままでは靖国が靖国でなくなってしまう」--戦後70年を過ぎ、憲法改正論議を控えたいまこそ、私たちはもう一度、靖国問題に向き合うべきではないか?

靖国神社が消える日の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 神社本庁、靖国神社のそれぞれに籍を置いたことがあり、それなりに影響力のあったと思われる著者が、靖国をめぐる様々な事象について自身の考えをオブラートに包んで語った書。
    自分は神社本庁や靖国神社の歴史的な経緯とかに疎いので、著者がオブラートに包んで何を言おうとしているのかよくわからなかったが、事情を知っている人が読めば「わが意を得たり」であったり、逆に「なんじゃいこれは」と思われるんでしょうね。

    著者が靖国の閉じこもり体質を批判していますが、自分から見れば著者もそこまで変わらなくも見える。
    宗教法人が何しているのかって、本当にわかりづらい。わかりやすく説明する動機が全くないからそりゃそうなんだろうけど。

    一点、備忘。
    8月15日の全国戦没者追悼式の追悼の対象には戦犯も含まれるが、それに関して隣国からの抗議はない。

  • 靖国神社を取り巻く問題が分かりやすく書かれている。非常に勉強になった。

  • 靖国神社は宗教法人であるからこそ、宮司の考えでいくらでも変質が可能というのは盲点だった。断固国家護持を支持する。

全4件中 1 - 4件を表示

靖国神社が消える日のその他の作品

靖国神社が消える日 Kindle版 靖国神社が消える日 宮澤佳廣

宮澤佳廣の作品

靖国神社が消える日はこんな本です

ツイートする